プラグインWPFormsとreCAPTCHAの連携設定をして問い合わせセキュリティ強化する方法!

修正プラグインWPFormsとreCAPTCHAの連携設定をして問い合わせセキュリティ強化する方法!
調べ人

・プラグインのWPFormsとreCAPTCHAの連携設定ってどうやるの?

・お問い合わせフォームのセキュリティ強化・スパム対策をしたい!

ー 当記事の概要 ー

  • WordPressブログのお問い合わせフォームのセキュリティ強化方法を初心者でもわかるように紹介する
  • WPForms+re CAPTCHA v3連携方法を知ってスパム対策が出来る
Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業ブログ約2年で本業×副業×共働きで月収130万円越えを達成!

当記事の『プラグインWPFormsとreCAPTCHAの連携設定をして問い合わせセキュリティ強化する方法!』を読了し、行動・実践すれば、WPFormsとreCaptchaのブログ・サイトの初期設定を無事に終えることができます。

今まで何度かWordPressブログやサイトを立ち上げた経験から、初心者が間違えやすい部分やわかりにくい部分にフォーカスしているため、画像を多く使いわかりやすく解説しています。

ぜひ最後までお付き合いください

まだreCAPTCHA を登録していない方へ

当記事はreCAPTCHA登録後の内容になりますので、Google reCAPTCHAを取得してWordPressブログへ設定方法にて初心者でもわかりやすくreCAPTCHAの取得方法を解説しています。

Free

Google reCAPTCHAの登録がまだの方は、上記を参考にしてみてくださいね。

目次

WPFormsとreCAPTCHAを連携させる理由とは

WPFormsとreCAPTCHAを連携させる理由は、大きく3点あります。

  • お問い合わせフォームのセキュリティ強化
  • 読者(ユーザー)が安心して利用出来る
  • スパム対策で有名Akismet-Anti-Spamなどを使わなくてよくなる
    ※優秀だがめちゃくちゃ重たいプラグイン。最近は無料じゃ使ったらNGみたいな表記もされてる…

正直、導入をしない理由はないです。

特にお問い合わせフォームをスパムコメント等の外部からのサイト攻撃をブロック出来ることが自身のWordPressブログ・サイトを守っていく上で必須と言ってよいでしょう。

reCAPTCHAにはv2とv3がある

そもそもreCAPTCHAにはv2とv3ってなに?って方は下記を参考にしてください。

reCaptcha v3の1つ古いバージョンでreCaptcha v2の画像
Google re CAPTCHA v2 画像
reCAPTCHAv3の画像
Google re CAPTCHA v3 画像

大半の方は、左の『私はロボットではありません』に遭遇したことがありチェックを入れたことがあると思います。これがre Captcha v2です。

re CAPTCHA v3は右画像のとおり、チェックを入れたりする部分がないのであまり見に覚えがないかもしれません。

v2とv3は『旧=v2・新=v3』です

よって、一見手動でチェック行為をしないv3のほうが脆弱性がありそう!って思いそうですが、さすがはGoogleです。v3もv2同様、いやそれ以上にガッチガチに守ってくれます。

Fun

v3は人間とbot違いをユーザー操作を解説して判断しているんだよ!不審かどうかスコア化してbotは排斥されるんだよね。本当にすごい!

企業サイトなどでは状況や用途によってはv3よりv2が良いとも言われることがありますが、個人ブロガーや大規模サイトでなければ v3 がオススメです。

reCAPTCHA v3をお問合せフォームに設置する代表的な方法は3点

reCAPTCHAa v3を自身のブログやサイトのお問い合わせフォームに設置する代表的な方法は次の通り3点あります。

  1. 実装しているお問い合わせフォームプラグイン(WPForms)と連携させ設置する
  2. reCAPTCHAのWordPressプラグインを導入して設置する
  3. HTMLのコードを書いて設置する

ボクのように非エンジニアブロガーには1.か2.の方法が好ましいです。

当記事では、『1. 実装しているお問い合わせフォーム(WPForms)と連携させ設置する』を解説していきますね。

非エンジニアの自分には『1.と2.』はどちらがオススメ?

プラグインを入れると重くなるので、SEO的にもよくありません。
基本的には『1.の現在実装している問い合わせプラグインと連携設定』の方が良いです。

では、お問い合わせフォームにreCAPTCHAの導入手順を1つずつ解説します。

1. 実装しているお問い合わせフォーム(WPForms)と連携させ設置する

お問い合わせプラグインWPFormsとreCAPTCHAを連携させます。

もし、導入がまだだったり「お問い合わせフォームはContactForm7を使ってるよ!」という方はこちらの記事を参考にして、導入もしくは乗り換えてくださいね。

Free

ボクは以前ContacForm7をずっと使っていたけどWPFormsに変えてからめっちゃ使いやすくて満足してる。

使い心地最強のWordPressテーマ『SWELL』開発者の了さんもお問い合わせフォームはContacForm7ではなく、WPFormsをオススメしています。

では手順をご紹介します。

STEP
WPFormsの設定画面
1-1. 実装しているお問い合わせフォーム(WPForms)と連携させ設置する1
WPForms設定画面
  1. WordPressダッシュボード → WPRormsをクリック
  2. 設定をクリック
  3. reCAPTCHAをクリック
  4. 右端のreCAPTCHA v3をクリック
    ※v2よりv3が新しいので最新バージョンです。
  5. Google reCaptchaへ行きサイトキーをコピー&ペースト
    ※下画像参照
    1-2. 実装しているお問い合わせフォーム(WPForms)と連携させ設置する
  6. Google reCAPTCHAへ行きシークレットキーをコピー&ペースト
    ※上画像参照
STEP
WPFormsで作成したフォームの編集
1-1お問い合わせフォーム(WPForms)の内部設定
WPFormsすべてのフォーム画像
  1. WPFormsをクリック
  2. すべてのフォームをクリック
  3. 自身が設定しているお問い合わせフォームの編集をクリックする

    ※上記の場合は、お問合せフォームは1つしか作っていないのですが、人によってはいくつか作っていることもあるので、設定したいお問い合わせフォームを選んでくださいね。
STEP
WPForms設定内のre CAPTCHAを有効化
1-2お問い合わせフォーム(WPForms)の内部設定
WPForms設定編集の画像
  1. 左端にある設定をクリックする
  2. 上部の一般をクリックする
  3. Google v3 reCAPTCHAを有効化にチェックを入れる

    ※Google v3 reCAPTCHAが表示されていなければSTEP1の⑤と⑥WPFomsとreCaptchaの設定ミスです。もう一度コピー&ペーストを行いましょう。
  4. 右上部保存をクリックする
STEP
自身のWordPressブログ・サイトを確認
  1. 自身のブログ・サイトのお問い合わせページに行く
  2. 右端下部にプライバシー利用規約の表示が出ていれば問題なく設置できている証拠

上記で、お問い合わせフォーム『WPForms』と『reCAPTCHA』の連携設定が終わります。

まとめ:問い合わせフォームスパム対策はre CAPTCHA v3+WPFormsが強い

これで安心して、読者(ユーザー)からのお問い合わせを受けることができます。

実際にボクのサイトでもガンガンスパムを弾いてくれています。

さらに動作が非常に重たくなるプラグインAkismetも有効化解除することができるので、いい事づくしですね。

WordPressテーマによって必要なプラグインが異なりますが、『SWELL』のような優秀なテーマを導入しているとプラグインも最小数で良く、ブログ・サイトのSEOスコア向上で運営が有利になるため本当におすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる