プラグインInvisible re CAPTCHAでv2 v3を超簡単に設定する方法

プラグインInvisible re CAPTCHAでv2 v3を超簡単に設定する方法
調べ人

・プラグインInvisible reCAPTCHAの設定てどうやるの?

・お問い合わせフォームのセキュリティ強化・スパム対策を簡単にしたい!

ー 当記事の概要 ー

  • WordPressブログへreCAPTCHAの導入してセキュリティ強化する方法を初心者でもわかるように紹介する
  • Invisible re CAPTCHAでv2 v3が設定できるため、自ブログ・サイトのセキュリティを強固にすることができる
Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業ブログ約2年で本業×副業×共働きで月収130万円越えを達成!

当記事の『プラグインinvisible re CAPTCHAでv2 v3を超簡単に設定する方法』を読了し、行動・実践すれば、自信のブログ・サイトにreCaptchaの導入をすることができます。

今まで何度かWordPressブログやサイトを立ち上げた経験から、初心者が間違えやすい部分やわかりにくい部分にフォーカスしているため、画像を多く使いわかりやすく解説しています。

まだreCAPTCHA を登録していない方へ

当記事はreCAPTCHA登録後の内容になりますので、Google reCAPTCHAを取得してWordPressブログへ設定方法にて初心者でもわかりやすくreCAPTCHAの取得方法を解説しています。

個人的にお問い合わせフォームは『WPForms』をオススメしていますが、WPFormsは当記事のプラグイン『Invisible re CAPTCHA』には対応していません。

WPFormsの簡単な導入方法はこちら⇓

目次

Google reCAPTCHA v2 v3の違い

そもそもreCAPTCHAにはv2とv3があります。

reCAPTCHAにはv2とv3ってなに?

って方は下画像を参考にしてください。

reCaptcha v3の1つ古いバージョンでreCaptcha v2の画像
Google re CAPTCHA v2 画像
reCAPTCHAv3の画像
Google re CAPTCHA v3 画像

大半の方は、左の『私はロボットではありません』に遭遇したことがありチェックを入れたことがあると思います。これがre Captcha v2です。

一方、re CAPTCHA v3は右画像のとおり、チェックを入れたりする部分がないのであまり身に覚えがないかもしれません。

セキュリティ面にあたるスパム対策では、v2は手動チェックを行うことに対して、v3は人間とbotの違いをユーザー操作を解説して判断しています。

不審かどうかスコア化してbotは排斥されています。

ちなみに、v3のほうが新しくでており、v2は一世代前のGoogle re CAPTCHAとなっています。

企業サイトなどでは状況や仕様用途によってはv3よりv2が良いとも言われることがありますが、個人ブロガーや大規模サイトでなければ v3 がオススメです。

プラグインInvisible re CAPTCHAとは

Google re CAPTCHA v2やv3を初心者でも簡単にWordPressブログやサイト内に設置して、強固なスパム対策・セキュリティ対策ができるプラグインが『Invisible re CAPTCHA』です。

Invisible re CAPTCHA』でGoogle re CAPTCHA v2 v3を導入するメリットは、大きく5点あります。

  • お問い合わせフォームのセキュリティ強化
  • コメントのセキュリティ強化
  • ログインセキュリティ強化
  • 読者(ユーザー)が安心して利用出来る
  • スパム対策で有名Akismet-Anti-Spamなどを使わなくてよくなる
    ※優秀だがめちゃくちゃ重たいプラグイン。最近は無料じゃ使ったらNGみたいな表記もされてる…

上記をご覧いただいたらわかると思いますが、導入をしない理由はないです。

そして、このプラグイン『Invisible re CAPTCHA』を使用することがGoogle re CAPTCHA v2 v3の導入と設定が1番簡単でラクです。とはいえ、下記の通りデメリットもあります。

Invisibleのデメリット
  • プラグインInvisibleを導入することによりサイトが重たくなる
  • 設定できるお問い合わせフォームのプラグインが2種類のみ
Fun

当記事の紹介しているプラグインInvisibleにて設定できるお問い合わせフォームは『Contact Form7』か『Gravity Forms』だよ!

プラグインinvisibleで『re CAPTCHA v2 v3』を超簡単に設定する手順

STEP
invisible re CAPTCHA for WordPressをインストール
invisible recaptchaのインストール手順
invisible re CAPTCHA for WordPressをインストール
  1. ダッシュボードからプラグイン→新規追加をクリック
  2. invisible re CAPTCHA for WordPressを入力する
  3. インストールをクリック
  4. ③のインストール後に有効化が出てくるのでクリック
STEP
プラグイン有効化の確認
プラグイン有効化の確認
  1. プラグイン→インストール済みプラグインをクリック
  2. Invisible reCAPTCHAの有効化の確認
STEP
setting設定
InvisiblereCAPTCHAsetting
setting設定
  1. ダッシュボード内の設定をクリック
  2. Invisible re CAPTCHAをクリック
  3. settingをクリック
  4. Your Site KeyGoogle re CAPTCHAへ行き『Site Key』を取得する(⇓画像)
GooglereCaPTCHAへいきサイト気ーを取得する方法
Google re CAPTCHAの画像
  1. Your Secret KeyGoogle re CAPTCHAへ行き『Secret Key』取得する(上画像)
  2. デフォルト『Automatically detect=自動判別』になっているが、日本語だけに変更するなら『Japanese』を選択する
  3. re CAPTCHAのアイコン表示位置を決めます。デフォルト『Bottom Right=右下』になっています。
    おすすめは『Inline=フォーム埋め込み』です。

    補足 Inlineだとスマホなどの表示の時に操作の邪魔になりにくくなります。
STEP
WordPress設定
Invisible reCAPTCHAWordPressの画面
WordPress設定

ここでは、どの部分にre CAPTCHAを表示させるかを決めていきます。特にこだわりがないようであれば下記の通りすべてチェックを入れましょう

  1. WordPressをクリック
  2. ログインフォームにチェックする
  3. 登録フォームにチェックする
  4. コメントにチェックする
  5. パスワードにチェックする
  6. 変更を保存する
STEP
ContactForms設定
Invisible reCAPTCHAコンタクトフォーム画面
ContactForms設定
  1. Contact Formsをクリック
  2. 自信が使っているお問い合わせフォームにチェックする
  3. 変更を保存する
STEP
お問い合わせ確認
Invisible お問合フォームの確認
お問い合わせ確認
  1. お問い合わせフォームにいってreCAPTCHAの表示がされているか確認する

補足 お問い合わせでなくても、⑯〜⑲で選択した部分から確認することができます。

上記が終わればプラグインのInvisible re CAPTCHAを用いて、自信のWordPressブログやサイトにreCAPTCHAを導入して、スパム対策やセキュリティ対策を強固にすることができます。

最後に:プラグイン『Invisible re CAPTCHA』以外にも導入方法がある

re CAPTCHAはプラグインInvisibleを使わなくとも他の導入方法が2種類あります。

  1. すでに実装しているお問い合わせフォームプラグイン(WPFormsなど)と連携させ導入する
  2. HTMLのコードを書いて導入する

初心者の方はHTMLコードを書いて導入することは困難ではないでしょうか。

ググると出てきますが、ボクは過去に他のコードを書く時にミスしてから、トラウマでコードを書くことは基本避けています笑

ネッコ

副業ブログ駆け出しのころやね!あのときはバックアップもちゃんととってなかったから、ほんまに焦っとったな〜

よって、当記事をご覧いただいているあなたが初心者であれば、プラグイン『Invisible re CAPTCHA』を使う方法、もしくは 1.の『実装しているお問い合わせフォーム(WPFormsなど)と連携させ導入する』をおすすめします。

少し慣れている初心者におすすめは当記事の方法ではなく『1. すでに実装しているお問い合わせフォームプラグイン(WPFormsなど)と連携させ導入するで設定することを圧倒的におすすめします。

なぜなら、プラグインを1つ増やすことになるため、自身のブログ・サイトが重たくなるためです。

よって、上記をご覧になって当記事の方法ではなく『1. すでに実装しているお問い合わせフォームプラグイン(WPFormsなど)と連携させ導入する』で re CAPTCHA v2 v3 を導入したい方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる