最新|Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を初心者向けに簡単解説

アイキャッチ画像|Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を初心者向けに簡単解説
調べ人

・プラグインのGoogle XML Sitemapsとは何?

・Google XML Sitemapsの導入・設定方法を初心者でもわかりやすく知りたい

ー 当記事の概要 ー

  • プラグイン『Google XML Sitemaps』の導入方法・設定方法がWordPressブログやサイト運営者の初心者でもわかるように紹介する
  • Google XML Sitemaps』の必要な理由や使い方も合わせて知ることが出来る
Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業ブログ約2年で本業×副業×共働きで月収130万円越えを達成!

当記事の『最新|Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を初心者向けに簡単解説』を読了し、行動・実践すれば、WordPressでブログやサイト運営時にsitemap.xmlを自動更新するシステムを構築出来ます。

※当記事はWordPress5.5.1 Google XML Sitemaps4.1.1の画像なので、使用しているバージョンにより設定方法が異なる場合があります。

ぜひ最後までお付き合いください。

目次

Google XML Sitemapsとは

※すぐに設定方法を見たい方は『Google XML Sitemapsの使い方・設定方法』をクリックしてください。

Google XML Sitemapsとは、WordPressサイト向けにXMLサイトマップを自動生成してくれる非常に便利でかつWordPressブログユーザーには必須のプラグインです。

XMLサイトマップが設定されていないと、たとえ良質な記事であっても記事公開から検索結果に反映されるまでに時間を要する場合があります。

ちなみに、サイトマップは、XMLサイトマップとHTMLサイトマップの2種類あります。それぞれの役割は異なります。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの違い

  • XMLサイトマップ:クローラー対策・SEO対策
  • HTMLサイトマップ:ユーザーのための対策

Google XML SitemapsはXMLサイトマップを自動生成するプラグイン

検索エンジンに自分が運用しているWebサイトのページ内容を表示させるためには、クローラー(検索エンジンのポット)に自サイトの記事を発見してもらわないといけません。

定期的にクローラーが自サイトに訪れるのですが、リンクが全くついていないものや新規記事、階層が深いページはクローラーが存在に気付かずに見落としてしまうため、結果的に検索結果に表示されないページとなってしまいます。

Fun

そこでGoogle XML Sitemapsの登場だね!

上記のような、クローラーが訪れても見つかりにくいページをXMLサイトマップを用いて、クローラーが見逃しやすいページを教えてくれる優秀なプラグインが『Google XML Sitemaps』です。

Google XML Sitemapsのインストール方法3ステップ

Google XML Sitemapsの使い方・設定方法の前に、まずWordPressプラグイン『Google XML Sitemaps』の導入方法(インストール)を初心者でもわかりやすく簡単に説明します。

STEP
プラグインの新規追加をする
手順1最新|Google XML Sitemapsの使い方
  1. WordPressのダッシュボードのプラグイン新規追加をクリックする
STEP
Google XML Sitemapsインストール→有効化
手順2最新|Google XML Sitemapsの使い方
  1. 右上のキーワード枠内に『 Google XML Sitemaps 』を入力
  2. Google XML Sitemapsがでてくるので、『今すぐインストール』をクリック
  3. インストール後に『有効化』をクリック
STEP
プラグインGoogle XML Sitemapsの有効化確認
手順3最新|Google XML Sitemapsの使い方
  1. 最後にGoogle XML Sitemapsが有効化になっているか確認します。
STEP
プラグインGoogle XML Sitemapsの導入方法(インストール)〆

上記の手順でGoogle XML Sitemapsの導入設定方法は終わりです。

次に、インストールしたGoogle XML Sitemapsの使い方・設定方法を初心者でもわかりやすく解説します。

Google XML Sitemapsの使い方・設定方法

前述のGoogle XML Sitemapsをインストールして、有効化するといよいよ使い方・設定方法に移ります。

以下に7ステップでわけて記していますが、大きな項目としては4つの項目の設定が必要です。

  • 基本の設定
  • 表示の設定
  • 更新頻度の設定
  • 優先順位の設定

これら4項目の設定は、複雑ではなくチェックマークを付けたり、外したり選択するだけで設定できるため安心してくださいね。では基本的な設定からGoogle XML Sitemapsを設定していきます。

STEP
基本的な設定
手順1Google XML Sitemaps使い方・設定方法
  1. ダッシュボードより 設定 → XML-Sitemapに行く
  2. 初期にチェックされている状態から『HTML形式でのサイトマップを含める』のチェックをはずず

補足
“通知を更新”のチェックをしている3項目の役割は以下の通りです

  1. WordPressブログ・サイトで記事などを新しく更新した時にGoogleに自動通知する
  2. WordPressブログ・サイトで記事などを新しく更新した時にBingに自動通知される
  3. サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝達する

すべて、重要な項目なのでこの3つのチェックマークを外さないでくださいね。初期設定からチェックはされています。

上から4つ目のチェック”Try to automatically〜”と 記載されている項目についての役割は次の通り

  • 記事数が多い場合にファイルサイズを圧縮するかしないか

初期設定時からチェックがいはいっているので、外す必要はありません。

重要 ”HTML形式でのサイトマップを含める”のチェックを外す理由はサーチコンソールと連携時に不具合が起きやすいからです。

STEP
Additional Pages
XML-Sitemapの何もいじらない場所
  1. 何もいじらない

補足
WordPress以外で管理しているサイトなどをクロールしてほしいページを手動で追加するページです。WordPressブログやサイトのみの運営の方、特に初心者の方には不要な項目です。

STEP
投稿の優先順位
手順2Google XML Sitemaps使い方・設定方法
  1. 初期はコメント数にチェックが入っているので、優先順位を自動的に計算しないにチェックしなおす

補足
初期設定では、”コメント数”にチェックが入っていますが、オススメは『上記の通り、優先順位を自動的に計算しない』です。

この項目はSEOに特別大きな効果を与えるものではなく、クロールの頻度や巡回時に指示することにより、クローラービリティの大きな要素となります。

優先順位を手動する設定はSTEP7で後述します。

STEP
Sitemapコンテンツ
手順3Google XML Sitemaps使い方・設定方法
  1. 画像の通り5つの場所にチェックをする

自信のWordPressブログやサイトの重要なコンテンツに対して重点的にクロールしてもらう設定です。

補足
人によっては、固定ページ・カテゴリーページのチェックを外している人もいますが、ボクは固定ページでトップページを作成しているため、固定ページにもチェックを入れています。

重要コンテンツのみにチェックを入れると、クロールが最適化されることにより、結果的にSEO対策に繋がります。

STEP
Excluded Items
手順4Google XML Sitemaps使い方・設定方法
  1. WordPressブログやサイトの初期状態には何も設定することがない

補足
【含めないカテゴリー】
初期設定時は、上記画像のように“未分類”の表記しかありませんが、運営していくとゆくゆくカテゴリーも増えていきます。

その際にサイトマップに記載する必要がないカテゴリーがあるなら指定しましょう。

【投稿(個別記事)を含めない
sitemap.XMLから除外したい個別ページや固定ページのIDをカンマ切りで登録します。サイト運営が長くなってきたり記事が増えてくると使うことがあります。

STEP
Change Frequencies
手順6クローラーへの指示Google XML Sitemapsの使い方・設定方法ステップ
  1. クローラーへ更新頻度の指示をする。after画像を参考にしてください。

補足
クローラーの巡回すべき更新頻度を設定することにより、クローラーに重要コンテンツを認識させることができる。

適切に設定することにより、クロールの最適化につながるため、結果的にSEO対策の一環ともいえます。巡回してほしいからと言って必要以上に毎日設定してしまうことはよくありません。

STEP
優先順位の設定(priority)
手順7クローラーへの指示Google XML Sitemapsの使い方・設定方法ステップ
  1. クローラーへ優先順位を伝える。after画像を参考にしてください。

補足
上記は自身が重要だと思うコンテンツを重点的に1.0に近い数値に設定してください。

あまり重要でない場合は0.1に近い数値が好ましいです。

クローラーが巡回する時に、数値をヒントにして巡回するため、重要度が高いものの数値を1.0に近い数字にしておく必要があります。

だからと言って、すべてを1.0にすることは好ましくありません。個人的には重要なコンテンツを0.8や0.9で設定することをオススメします。

STEP
Google XML Sitemapsの使い方・設定方法〆

これにてGoogle XML Sitemapsの基本的な設定が終わります。

あとは玄人向けの設定になってくるため、省きます。

Googleサーチコンソールへサイトマップを追加する方法

前項で設定したプラグインGoogle XML Sitemapsで作成した“sitemap.xml”Googleサーチコンソールへ設定していきます。

サーチコンソールを使うので、もしGoogleサーチコンソールの登録がまだでしたら、こちらの記事を参考にしてくださいね。

サーチコンソールへサイトマップを追加する理由

sitemap.xmlを作成してもサーチコンソールに情報が行かないため、クロールが素早く巡回出来ないためGoogleの認識が遅れます。

STEP
Google XML Sitemapsからサイトマップをコピー
手順1Googleサーチコンソールへサイトマップを追加する方法
  1. 設定 → XML-Sitemapをクリック
  2. “検索エンジンはまだ通知されていません”の少ししたに、サイトマップインデックスのURLをコピーする

補足 ②のコピーは、自身のURL/以降の index.〜 をコピーする。 

STEP
Googleサーチコンソールを開く
手順2Googleサーチコンソールへサイトマップを追加する方法
STEP
サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する
手順3Googleサーチコンソールへサイトマップを追加する方法

ステップ2でコピーしたサイトマップをペーストして、送信ボタンをクリック

STEP
Googleサーチコンソールへサイトマップを追加する方法〆

これで問題なくサーチコンソールGoogle XML Sitemapsのsitemap.xmlのデータ連携が完了しました。

完了すると、定期的に『Google XML Sitemaps』がsitemap.xmlを自動更新し、連携したサーチコンソールがsitemap.xmlを自動で読み込んでいき、データを取得していってくれます。

例外|ステップ3の『サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する』でエラーになった場合

ボクが違うWordPressサイトを作った時になったことあるのですが、サーチコンソールにsitemap.xmlを設定してもエラーになったことがあります。

エラー表示された場合は以下の通り進めてください。

STEP
Google XML SitemapsからサイトマップのURL先へ行く
1例外|ステップ3の『サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する』でエラーになった場合
  1. 設定 → XML-Sitemapをクリック
  2. 表示されている自身のサイトマップURL(リンク先)をクリックする
STEP
XML Sitemap Indexを1つずつコピペする
2例外|ステップ3の『サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する』でエラーになった場合
  1. リンク先”XML Sitemap Index”に飛ぶので、出てきたsitemapをコピーする
  2. コピーしたURLをペーストして送信を押す ③と④を繰り返す

補足 ③のコピーは自身のサイトURLの後の index.〜 からコピーする

STEP
サイトマップ追加成功の確認
3例外|ステップ3の『サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する』でエラーになった場合
  1. サイトマップ登録の成功した確認をする
STEP
例外|『サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する』でエラーになった場合

上記の手順にて、前項の『サーチコンソールのサイトマップ設定に追加する』でエラーになった場合の登録方法が終わります。

おまけ:サイトマップの消し方

ボクがWordPressブログを始めたばかりの頃、サーチコンソールのサイトマップ追加に誤ったURLを貼り付けてしまい、サイトマップの消し方がわかりませんでした。笑

もしボクと同じような方がいたら困ると思うので、サイトマップの消し方の画像を貼り付けておきますので参考にしてください。

おまけ:サイトマップの消し方図1

まとめ:Google XML Sitemapsを導入してクロールの最適化とサーチコンソールの連携は必須

Google XML Sitemapsを導入してサーチコンソールと連携設定することにより、sitemap.xmlの自動更新とサーチコンソールへの自動更新が出来るためブログ・サイト運営がかなり効率化することが出来ます。

もう一度当記事の流れを確認しておきます。

  • サイトマップの基本設定
  • サイトマップの表示設定
  • 更新頻度の設定
  • 優先順位の設定
  • サーチコンソールとの連携
  • エラー表示された場合

当記事で紹介した、設定方法がもしわからなかったとしても、Google XML SitemapsをWordPressプラグインでインストールすることは必ずしてくださいね。

初期設定がされているため、インストールして有効化するだけでも効果があるので、ぜひチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる