副業成功までのコツ・ポイント7つ!共働きの現役副業サラリーマンが解説!

副業成功までのコツ・ポイント7つ!共働きの現役副業サラリーマンが解説!
調べ人

・副業を開始したいけど成功するためのコツを知りたい!

・副業成功までに押さえるべきポイントは?

・現役の副業サラリーマンから副業成功のヒントを得たい

ー 当記事の概要 ー

  • 副業歴2年の自身の体験談から副業成功までのポイント・コツを紹介する
  • サラリーマンが副業を始める時に成功までのイメージを描くきっかけを作ることが出来る

この記事を書いている人

Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業約2年で本業×副業×共働きで月収120万円越えを達成!

当記事の『副業成功までのコツ・ポイント7つ!共働きの現役副業サラリーマンが解説!』を読了し、行動・実践すれば、副業開始時に押さえておくべきポイント・コツを知ることができます。

本業×副業の収入を得ることができるようになると人生のリスクヘッジにもなります。

なぜなら、実際に僕自身夫婦共働きサラリーマンで2年前から副業めて副業収入で月収20万円を得ることができるようになり、副業の小さな成功体験を積み重ねているので1次情報を細かくお伝えすることが出来ます。

僕自身、実は副業開始から最初の3ヶ月程はポイントやコツを知らなかったので、かなり遠回りした人間です。

当記事の内容を理解し、自身の副業生活に活かしてもらうことができれば、副業成功するまでのショートカットをすることが出来る記事の内容ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

共働きの現役副業リーマン体験談!副業成功までのコツ・ポイント7つ

これまでの内容で『サラリーマンにおすすめの副業』と『おすすめできない副業』を紹介してきました。

では実際に、副業をしてみたいけど『コツ』や『ポイント』を知りたい!と感じるはずですので、現役共働き副業リーマンのボクが副業成功までのコツやポイントを紹介します。

副業成果を出すためのコツ・ポイント7つ

副業成功のコツ/ポイント①:副業でどれくらい稼ぎたいか決める

副業成功のコツ/ポイント②:成功イメージを思い描く

副業成功のコツ/ポイント③:副業のメリット・デメリットを知る

副業成功のコツ/ポイント④:日々学ぶ姿勢で副業を継続する

副業成功のコツ/ポイント⑤:ノウハウコレクターにならない

副業成功のコツ/ポイント⑥:私生活を犠牲にしすぎない

副業成功のコツ/ポイント⑦:健康第一(ただし例外あり)

上記は、ボクが副業2年間で得ることが出来た副業で成果を出すために重要なコツとポイントの7つです。

では、順に見ていきます。

副業成功のコツ/ポイント①:副業でどれくらい稼ぎたいか決める

副業成功のコツ/ポイント①:副業でどれくらい稼ぎたいか決める

あなたは副業でどれくらい稼ぎたいですか

パッと答えることができればまずは最初のコツ・ポイントはクリア出来ています。

上記が答えられないかぎり、副業は始めないほうが良いです
なぜなら、稼ぐことが出来ない可能性がかなり高いからです。

副業で稼ぎた金額を決めていないのは例えるならば、目の前には大海原で水平線が広がっているのに目的地がなく船旅をするようなものです。

副業の目的が複数あれど必ず『稼ぐため』の目的が誰しもあるはずですので、「まずは月なのか年なのか何円稼ぐきたいか」自分自身の目的地を決めて、夢を持って大海原へ船旅に出ましょう。

Fun

船旅って言われても、しっくりこないよ…

そんな方には、旅行に行くときを思い出せばOK!

Free

◯◯したい!って思ってないと旅行は全くの無駄になるやろし、◯◯したい!って思っててもGoogleMapないと迷子になるやろ?そんな感じやで!

副業成功のコツ/ポイント②:成功イメージを思い描く

副業成功のコツ/ポイント②:成功イメージを思い描く

ビジネス全般に共通することですが、“成功イメージ”がないと100%と言っていいほど、事業は失敗します。

企業は新しいビジネスを展開する時に、事業計画書を作りながら成功イメージを思い描きます。

副業はいわば、自身の事業を立ち上げ、事業所得を得るための第一歩です。

企業の創業時と同じ視座で物事を見ていく必要があり、事業計画とはいわずとも、成功イメージを言語化出来る状態にして置かなければ100%に近い確率で月1万円も稼ぐことが出来ないです。

『脳に任せる勉強法』にイメージの力を利用するという言葉がありますが、“イメージ”を頭の中に思い浮かべると言語化出来るほど、映像化されていきます。

言語化できるほど、イメージが映像化されると人が目標にしている成功の可能性が高まる“脳に任せる勉強法”の本書中にて解説されています。

上記の通り、副業成功のコツ・ポイントの1つは成功イメージを思い描くことです。

副業成功のコツ/ポイント③:副業のメリット・デメリットを知る

副業成功のコツ/ポイント③:副業のメリット・デメリットを知る

副業に限らず、本業でも何においても『メリット・デメリット』を知ることは物事の本質や実体を知るうえでは重要ですよね。

ご存知の通り、副業はメリットが多いことで知られていますし、実際に現役副業サラリーマンの多くはメリットばかり!と言う人が多いです。

実際にはデメリットもあるので、ここでは副業のコツ・ポイント③の副業のメリット・デメリットを書き連ねますね。

副業5つのメリット
  1. 本業とは異なる収入を得ることが可能
  1. 新たなスキル・ナレッジを身につけることが出来る
  1. 給料に依存しなくなる
  1. 未経験分野の『業界・業種』へ転職出来る
  1. 副業の種類によっては半自動化が可能
副業4つのデメリット
  1. 健康管理が出来ないと体調を崩す
  1. 本業へ支障が出るかもしれない
  1. 損をする可能性がある
  1. 副業禁止の会社でバレる可能性がある

上記は実際にボクが共働きの副業サラリーマンとして、2年ほど副業をして感じた『メリット・デメリット』です。

副業のメリット・デメリットの内容をもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

副業成功のコツ/ポイント④:日々学ぶ姿勢で副業を継続する

副業成功のコツ/ポイント④:日々学ぶ姿勢で副業を継続する

「学ぶ姿勢が大事だよ!」と本業の上司に言われたことがあるのではないでしょうか?

ありふれた言葉ですが、金言の1つだと思います。その会社や上司がどんな人が言っているかはここでは言及しません。

重要なことは『学ぶ姿勢が大事』という言葉は本業以外にも副業にも言えるということ

副業で稼げるようになるには、よく言われる『仕事が出来る人』になる必要があります。

現代の『日本人サラリーマンの学習や自己啓発のための時間は1日6分』と言われています。 

情報参照元:平成28年社会生活基本調査

実際に、上記のような学習・自己啓発に1日6分しか使っていないサラリーマンと同じレベルであれば副業で稼ぐことが出来る可能性は極端に低いです。

本業は、仕事が嫌でもやらされる環境ですが、副業は自己抑制が必要な場面や自己研鑽が前提になってくるので、副業成功のコツ・ポイントということを覚えておきましょう。

Fun

最初の1年は、出来るときは3時間は副業ブログに時間を当ててたね

Free

その時のおかげで、今は月20万円ほど副業収入を得ることが出来るようになったから“日々学ぶ姿勢”はホンマ大事!

とはいえ、『本業より副業がすべて!』のような考えになってはいけません。本末転倒です。

副業成功のコツ/ポイント⑤:ノウハウコレクターにならない

副業成功のコツ/ポイント⑤:ノウハウコレクターにならない

副業をはじめるときに数人に1人は絶対います。このノウハウコレクター…

Fun

ノウハウコレクターってなに?

ノウハウコレクターとは、ネットビジネスで使われる用語で、情報商材や書籍を通して多くの知識を持っているものの、思うような収益があがっていない状況を指します。 情報を得ることで満足してしまい、実際に行動しないことが原因で、ノウハウコレクターになってしまうケースが多いようです。

有料・無料問わず情報をコレクションするため、キャッシュフローが安定しません。出費ばかりが多くなり、生活が困窮することもあります。

出典:ビジネス心理学

このノウハウコレクターにならないために重要なことは、以下の通り

  • 情報を得るサイト・ブログなどをある程度決めておく
  • インプットしたらすぐにアウトプットする

上記を実践するだけで、副業成功のコツ/ポイント⑤のノウハウコレクターになることはありません。

副業でノウハウコレクターになる人の特徴は、以下の通り

  • 完璧を求める
  • ラクして稼げる方法がないか探してしまう
  • アウトプットよりインプットが大事だと思っている
  • 結果をすぐに求めすぎている

このような特徴に該当する方は、他人のノウハウは集めるものではなく、自分で試すして自分が使いやすい状態にブラッシュアップ(向上・改善)させていくことを肝に命じておきましょう。

副業成功のコツ/ポイント⑥:私生活を犠牲にしすぎない

副業成功のコツ/ポイント⑥:私生活を犠牲にしすぎない

副業にのめり込んでいる人に多いのが、私生活を犠牲にしすぎること。

本来の副業の目的を見失ってはいけません。

ある有名ブロガーが『ポジショントーク』で「ブログで成功するにはすべてを犠牲にしましょうor捨てましょう」と言っているのを聞いてゾッとしました。

ボクの副業の目的は『やりたいことを実現して懐も心も豊かになり、自分らしく生きるため』です。なので、自分も家族も親も友達も犠牲にしてまで、副業をやる意味はありません。

あなたは次の人生どちらが良いですか?

  • 60歳になった時に、金融資産1億円あるが若い頃にやりたいことをすべて我慢して、友達はおらず、親孝行できず、兄妹や配偶者親族とも中が悪い人生
  • 60歳になった時に、金融資産5000万円だが、若い頃にやりたいことはすべてではないが80%くらいできて、友達関係良好で親孝行もしっかり行い、兄妹や配偶者親族とも仲良し

ボクは誰がなんといおうと後者です。
むしろ、後者になるために副業をやり始めました。

同じ感覚の人には、そんなすべてを犠牲にしてまで副業をするなら絶対にやらないほうが良いと言い切れるので、私生活はしっかり守りましょう。これが副業成功のコツ/ポイント⑦の私生活を犠牲にしないの最重要点です。

副業成功のコツ/ポイント⑦:健康第一(ただし例外あり)

副業成功のコツ/ポイント⑦:健康第一(ただし例外あり)

前項の副業成功のコツ/ポイント⑦と似ていますが、睡眠時間をゴリゴリ削ってまでやってはいけません。

もし本業が残業ばかりで全然副業出来ないから、睡眠削りまくる!って考えなら本当は副業を勧めず辞めたほうが良いと言うべきところですが、そうは言ってられない方もいるかと思います。

例えば、どうしても残業が断れない環境であれば、まずは休日のみ副業にあててみましょう。

その後、ある程度副業のコツやポイントを押さえることが出来たら、残業の後でも少しの時間副業に取り組むことが出来るかも知れません。

1番は環境を変えるために、転職をすることが好ましいですが、難しい方も多いかと思います。そのような方には、ボクの事例を参考になればと思います。

ブラック企業で副業開始して半年めちゃくちゃ頑張った結果

ボクは元々飲食店でスーパーブラック労働環境でした。平気で14時間労働×6日やら7日のときばかりでした。もちろん副業なんて出来なかったので、転属を依頼したのですが、これもまた介護職で完全にブラック労働環境でした。

転職ではなく、転属だったので『母体がそもそもブラック』だから根本的に変わるわけがなく…

Fun

異業界・異業種に転職したくても難しかったんだよね…

Free

転職エージェントに相談したり、転職サイトに登録してみたものの30歳で『飲食・介護』しか経験していないボクはまず書類先行で即落ちだったからね…

その時ばかりはこのままいくと人生八方塞がりだ!と本気で焦りました。

なので、半年だけ本気で頑張ろう!と決めて、ブラック介護施設勤務ながら、副業ブログを開始して見事に収益化できるようになったので、その成果を元に『憧れだったIT/Web業界』へ転職成功して今では自社のサイト運用を任せてもらえるようになりました。

副業成功のコツ/ポイント⑦の健康第一はその後守ることが出来ているので、(笑)長期的に継続できそうです。

人によっては、かなり頑張って副業に取り組まないといけない場合があるかもしれませんが、期限を決めてやると良いですよ。長期間もの間、健康を厳かにすることはよくないので。

まとめ:副業成功のコツ/ポイント7つを押さえて楽しんで取り組むべき

当記事内で紹介した副業成功のコツ/ポイントを理解しておくと、副業成功の収益化の成功確率がグッとあがります。
では、もう一度確認をしておきます。

副業成果を出すためのコツ・ポイント7つ

副業成功のコツ/ポイント①:副業でどれくらい稼ぎたいか決める

副業成功のコツ/ポイント②:成功イメージを思い描く

副業成功のコツ/ポイント③:副業のメリット・デメリットを知る

副業成功のコツ/ポイント④:日々学ぶ姿勢で副業を継続する

副業成功のコツ/ポイント⑤:ノウハウコレクターにならない

副業成功のコツ/ポイント⑥:私生活を犠牲にしすぎない

副業成功のコツ/ポイント⑦:健康第一(ただし例外あり)

上記は、ボクが副業2年間で得ることが出来た副業で成果を出すために重要なコツとポイントの7つと自信を持って言えます。

何より大切なことは長期的に副業を継続すること。
そのためには、やりたいことを明確にし自分らしい人生のための副業と思うことができれば、心から楽しんみながら日々を過ごすことができます。

お互い副業を楽しんでがんばりましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる