Compress JPEG & PNG images プラグインの設定と使用方法|ブログ記事にすでにアップしている画像を圧縮

ブログ記事にアップしている画像を圧縮|Compress JPEG & PNG images プラグインの設定と使用方法
調べ人

・ブログ記事にアップしている画像を圧縮したい
・プラグインのCompress JPEG & PNG imagesの設定と使用方法を知りたい

ー 当記事でわかること ー

  • ブログ記事にすでにアップしてしまっている画像の圧縮方法
  • プラグイン Compress JPEG & PNG imagesの設定と使用方法がわかる
Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業ブログ約2年で本業×副業×共働きで月収130万円越えを達成!

当記事『ブログ記事にアップしている画像を圧縮|Compress JPEG & PNG images プラグインの設定と使用方法』を知ることにより、現在ブログにすでにアップしてしまっているブログ画像を圧縮することができます。

今あなたのブログにアップされている画像が圧縮されずに重たい状態であれば、あなたのブログにとっても読者に対してもメリットがありません。

当記事はブログ初心者でも圧縮せずにアップしてしまっている画像をプラグインCompress JPEG & PNG imagesを使って簡単に解決することができるので、読了して行動にうつしてくださいね。

Free

今アップされているブログ画像を画質の劣化を避けつつ50%以上軽くすることが可能

ブログでアップされている画像が軽くなるとどんなメリットがあるかというと。

以下のような2つの大きなメリットがあります。

  • 表示速度が早いことに対してGoogleから評価される
  • ページスピードが上がるためユーザービリティが上がる

どちらも非常に重要なことなのでやらない手はありません。

では、あなたのブログにアップされている画像の圧縮をするためのプラグインCompress JPEG & PNG imagesの設定と使用方法をご紹介していきます。

Compress JPEG & PNGは月500枚までの圧縮なら無料です。

自身のブログの最適な画像サイズがそもそもわからない方は、「ブログ画像は最適なサイズ&ピクセルに変更しよう【圧縮方法3つ紹介】」にて解説していますので参考にしてくださいね。

目次

Compress JPEG & PNG imagesのインストール

Compress JPEG & PNG imagesのインストール方法手順

WordPressの「ダッシュボード」>「プラグイン」>「新規追加」>「キーワード窓にCompress JPEG & PNG images」>「今すぐインストール」>「有効化」

画像つきでわかりやすくで下記の通りSTEP1~4で解説。

STEP
WordPressダッシュボード>プラグイン
Compress JPEG &PNG imagesのインストール手順1Wordpressダッシュボード>プラグイン

WordPressダッシュボード内の「プラグイン」>「新規追加」

STEP
Compress JPEG & PNG imagesを検索⇨インストール
Compress JPEG & PNG imagesのインストールはwordpressダッシュボード内から

「キーワード窓にCompress JPEG & PNG images」>「今すぐインストール」

STEP
Compress JPEG & PNG imagesをインストール>有効化
Compress JPEG & PNG imagesのインストール後は有効化をクリック

インストール後に「有効化」をクリックして『Compress JPEG & PNG images』の準備完了

Compress JPEG & PNG imagesの設定方法

前述のとおり、プラグインCompress JPEG & PNGの準備が整ったらいよいよ使っていきたいのですが、使用する前に初期設定を行っていく必要があります。

使用するために必要な設定は合計4つの項目があります。

Compress JPEG & PNG imagesの初期設定4つ

  1. TinyPNG accountの設定
  2. New image uploadsの設定
  3. image sizesの設定
  4. Original imageの設定

順にプラグインCompress JPEG & PNG imagesの4つの初期設定を初心者ブロガーでもわかりやすく解説していきます。

1. TinyPNG accountの設定

プラグインCompress JPEG & PNG imagesのインストールがおわったら、使用できるようにするためにまずはTinyPNG accountを設定しましょう。

Compress JPEG & PNG imagesへアクセスする

まずは上記の画像の通り、Word Pressダッシュボード内からCompress JPEG & PNG imagesへアクセスする。

その後の手順は下記の通り。

STEP
名前とメールアドレスを登録する
TinyPNG accountの設定の手順1は名前とメールアドレスを登録する
  • Your full name ⇨ 名前※ハンドルネーム可能
  • your email address ⇨ メールアドレス

上記2点を記入して、 Register Account ボタンをクリックしてメールを送信する。

TinyPNG accountの設定のメール送信後の画面
送信後の画面

メール送信後に上記の画像の状態になっていれば、メール送信出来ています。

STEP
登録したメールアドレスの確認
TinyPNG accountの設定手順2はメールを確認してボタンをクリック

登録したメールアドレスにTiny PNGからメールが届いているので、開封してActivate your accountボタンをクリックする。

STEP
有効化が完了
TinyPNG accountの設定手順3はプラグイン画面を確認する

上記のような画像がWord Press出てきて有効化が完了。

ここまで来ると、初期設定の1. TinyPNG accountの設定が終わりです。

結構簡単ですよね。以降はもっと簡単なので、安心してください。

2. New image uploadsの設定

New image uploadsの設定は、新しくアップロードした画像に圧縮をかけるタイミングを設定する項目です。

Compress JPEG & PNG imagesのNew image uploadsの設定方法
Free

1番上の設定で問題ないよ!公式も推奨しているのが1番上。

上記ねんのため、意味を確認しておきますね。

  • Compress new images in the background(Recommended)
    [新しい画像をバックグラウンドで圧縮する]
    3つの中で1番早い圧縮方法ですが、あなたが導入しているプラグインとの相性が悪ければ、問題を引き起こす可能性があります。
  • Compress new images during upload
    [アップロード中に新しい画像を圧縮する]
    上記の方法が出来ないのであれば、この真ん中の設定が良い。アップロードに時間を要しますが、他のWord Pressプラグインとの相性があがります。
  • Do not compress new images automatically
    [自動的に新しい画像を圧縮しない]
    自身の操作により、Word Pressのライブラリ内にある画像を手動で圧縮する。

「どれにすればよいかわからない!」「まような〜」って方は、1番上の設定で問題なし。

1番上の設定後にもし自身のブログの挙動がおかしいのであれば、他のプラグインとの相性が良くない確率が高いです。

上記のように挙動がおかしい場合は真ん中の設定に切り替えましょう。

3. image sizesの設定

image sizesの設定は、どの画像ファイルサイズを圧縮にかけるか決める設定をする項目です。

Compress JPEG & PNG images のImage sizes の設定

上画像の通り、全部で7種ありますが、プラグインCompress JPEG & PNG imagesを使ってそれぞれの画像サイズに対して圧縮するかどうかをチェック。

2番目のThumbnailサムネイルのみチェックを外します。

Thumbnailにチェックをいれない理由

Fun

なんでThumbnailだけチェックを外すの?すべての画像サイズを圧縮すればいいんじゃないの?

って、なりますよね。

実際にアップロードをする画像が少ない方はすべての画像をチェックすれば大丈夫です。

しかし、冒頭でもお話した通りCompress JPEG & PNG imagesは月500枚の画像しか無料で圧縮することができません。

なので、出来る限り大きいサイズのみを圧縮にかける設定をしておくことにより、容量が大きなサイズのみ無料範囲内で画像を圧縮することが出来ます。

サムネイルサイズの画像はかなり軽いですからね。

Free

自分の画像の使う頻度や量によって、随時変更すれば良いと思うよ!

4. Original imageの設定

Original imageの設定は、3. image sizesの設定と異なり、指定したカスタム画像ファイルのみ圧縮にかける設定をする項目です。

Compress JPEG & PNG imagesのOriginal imageの設定方法

先に言っておくと、ほとんど使用することはない項目かな?と思います。4つの項目の意味は下記の通り。

  • Resize the original image
    [元の画像サイズを変更する]
  • Preseve creation date and time in the original image
    [作成した日時を保持する]
  • Preseve copyright information in the original image
    [著作権情報を保存する]
  • Preseve GPS location in the original image(JPEG only)
    [GPSの位置情報を保存する]

1番上のResize the original imageで元の画像サイズを変更したい場合は「幅の上限」と「高さの上限」の値を指定サイズで空枠に追記してください。

下3つはその時々に応じて設定すれば問題ないです。

そもそも使用しなくて問題ありませんので、よくわからなければすべて4つともチェックを外していて大丈夫ですよ。

Compress JPEG & PNG imagesの使い方

Compress JPEG & PNG imagesの使い方は、下記の通り主に2つの方法があります。

ブログ内に入っている過去画像を圧縮する2つの方法

これまでのCompress JPEG & PNG imagesの設定を終えると、いよいよブログ内に入っている画像を圧縮することが可能になります。

  • 画像圧縮方法1:すべての画像を一括で圧縮する
  • 画像圧縮方法2:個別で画像ファイルを指定して圧縮する

順番に見ていきますね。

画像圧縮方法1:すべての画像を一括で圧縮する

現在ブログ内に入れいている画像数が少ない方にオススメの方法

画像が多い方は無料で使用出来る月間枚数を越えてしまうので、オススメできません。

あまりいないと思いますが、課金してもいいよ!って方は、ブログ内の画像が多くてもこの方法で大丈夫です。

Compress JPEG & PNG imagesのBulk Optimizationへのアクセス方法

「管理画面」>「メディア」>「Bulk Optimization」

上記のとおりBulk Optimizationにアクセスすると下画像の画面になります。

Compress JPEG & PNG imagesですべての画像を一括で圧縮する方法

真ん中下にあるStart Bulk Optimizationボタンをクリックすると一気にブログ内の画像を圧縮してくれます。

上画像の赤枠のように、画像が500枚を越えていると$で請求されるので要注意!

有料でも良い方はそのままボタンを押して大丈夫です。

ネッコ

ブログ内画像数が500枚越えているけど、無料で対応出来る方法はないんかい?!

画像枚数が多いが、無料で対応する場合は次の画像圧縮方法2:個別で画像ファイルを指定して圧縮するになります。

※画像圧縮方法2でも、月間500枚以上になると有料になるので要注意。無料を貫きたい場合は、月を分けて圧縮していきましょう。

画像圧縮方法2:個別で画像ファイルを指定して圧縮する

個別に画像を圧縮するためライブラリまで行きます。

Compress JPEG & PNG imagesを1つずつ画像圧縮するためのライブラリへアクセスする

「メディア」>「ライブラリ」

Compress JPEG & PNG imagesをライブラリから1つずつ画像を圧縮する

メディアライブラリにアクセスすると、いつも見かけないCompressというボタンがあります。

各画像ごとに設置されているCompressボタンをクリックすると、選択した画像を圧縮してくれます。

Free

Compressボタンは、プラグイン『Compress JPEG & PNG images』を有効化したらライブラリに出現するボタンだよ。

Compress JPEG & PNG imagesをライブラリから1つずつ画像を圧縮した後の状態

圧縮後は、✔が入っているのでひと目でわかる仕様。

上記の流れで、圧縮したい画像を1つずつ圧縮していけば完了です。

出来ればCompress JPEG & PNG imagesは使用しない方が良い

今アップロードしてしまっているブログ内の画像を変更する分には、『Compress JPEG & PNG images』はかなり使えるプラグイン。

しかし、使用後は『有効化⇨無効化』に変更することをオススメします。

Free

理由は、プラグインだから

プラグインは入れすぎるとセキュリティ面、サイトの重さに悪影響を及ぼし、Google先生に嫌われてしまうし、読者にもストレスを与えてしまいます。

普段から、適切な画像サイズで整理しつつ、アップする前に圧縮をかけておくとCompress JPEG & PNG imagesは不要になります。

そのためにも「自身のブログ・サイトの適切な画像サイズ/ピクセルや圧縮方法」を事前に知った上で普段から対策しておきましょう。

ブログ画像を圧縮するプラグインCompress JPEG & PNG imagesのまとめ

本記事『ブログ記事にアップしている画像を圧縮|Compress JPEG & PNG images プラグインの設定と使用方法』をご紹介しました。

もう一度まとめを確認しておきます。

  • Compress JPEG & PNG imagesのインストール
  • Compress JPEG & PNG imagesの初期設定
  • Compress JPEG & PNG imagesを使って圧縮する

この流れで、なんら問題なく現在ブログ内に入っている画像を圧縮することが可能になるので、ぜひ参考にして設定してくださいね。

また、普段からできる画像サイズの設定・圧縮の設定を知っておくと良いですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる