高齢者100名から聞いた『人生の後悔トップ5』後悔しない人生を送るたった1つのコツ

高齢者100名から聞いた『人生の後悔トップ5』後悔しない人生を送るコツ
調べ人

・人生を後悔しないために先人から後悔したことを学びたい

・後悔しない人生を送るためのコツを知りたい

ー 当記事の概要 ー

  • 人生で後悔したくない人に向けて、先人が人生で後悔したことTOP5の生の声を紹介する
  • 人生後悔するある特徴から、後悔しないためのコツを知ることが出来るようになる
Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業ブログ約2年で本業×副業×共働きで月収130万円越えを達成!

当記事の『高齢者100名から聞いた『人生の後悔トップ5』後悔しない人生を送るコツ』を読了し、行動・実践すれば、後悔した人の経験談を元に自身の人生の方向性や公開しないために必要なことが把握できます。

なぜなら、実際にボク自身が高齢者から生の声を100件以上アンケート方式で『人生で後悔していることTOP5』を聞いて、その学びから人生が好転することが出来ているからです。

※当記事では、共働き副業サラリーマンで介護士の経験のあるボク自身の経験をもとにしています。

結論:人生を後悔したくない人は『自分らしい人生を送る』ために必要な道具(ツール)である”時間”と”お金”を手に入れるコト

ぜひ、最後までお付き合いください。

目次

【高齢者の実話から学ぶ】人生の後悔ランキングトップ5

【高齢者の実話から学ぶ】人生の後悔ランキングトップ5
人生の後悔ランキングトップ5

人生で後悔しないために先人から学ぶことにより、やるべきことを先に行い『後悔先に立たず』と言う言葉が自身にグサリと刺さらないようにしましょう。

ボクは数年間介護職員として勤務していたため、ご高齢者の方と日々接している期間がありました。

介護施設では日々介護以外にもアクティビティの一環として、レクリエーションなるものがあります。

そこで、ボクがよく回想法として用いていた内容の1つに『人生で後悔したことトップ5と人生でこれをやっててよかったトップ5』を100名以上の方から生の声を聞くことが出来ました。

当時メモをしていたので、集計して実際特に多かったトップ5を発表していきます。

100名アンケート人生の後悔ランキングトップ5

では早速、ボクが集計を取った現在の80歳から90歳生のアンケート結果(生の声)は以下の通りです。

100名アンケート人生の後悔ランキングTOP5

  1. もっと親孝行出来たと思う
  2. 自分の子供にもっと出来ることがあったのではないか
  3. 大切な人に気持ちを十分に伝えることが出来なかった
  4. 若い頃にもっと旅行に行ったり好きなことをしておけばよかった
  5. 他人のことや世間体を気にしすぎてしまった

人生の後悔ランキングトップは『もっと親孝行出来たと思う』ということでした。よく聞く・見る『人生の後悔ランキングトップ5』(【著書から学ぶ】〜にて後述します。)とは、若干毛色が違う内容になっていますね。

1つずつ、当時の生の会話を思い出しながら『なぜ』そう思ったのか書き記していきますね。先人から多くを学び、人生後悔しないために活かしていきましょう。

後悔ランキングトップ1:もっと親孝行出来たと思う

  • 母・父ともに元気だったので、「いつかもっと親孝行しよう」と思っていた矢先に病魔に襲われ、他界してしまい、納得できる親孝行が出来なかったことが人生の最大の後悔だった。
  • 自分が親孝行と思って色々なモノをプレゼントしていたけど、それよりも一緒に旅行に行ったり一緒に美味しいモノを食べにいき時間を共有したらよかった。
  • 家族や親戚とはお酒を一緒に飲んだりしていたけど、サシ飲みをしたことがなかったから一度は誘ってみるべきだった。
  • 父が戦死して、母が大変な思いをしながら私達を育ててくれたのに親孝行する前に早死にしてしまって一生後悔している。

親孝行した時に親なしとは言いますが、皆さんまさに該当する内容ですね。

ボクの所感としても、これは人生の後悔としてずっと残ってしまうんだろうな〜と考え、気付かされました。

Fun

最後の戦死の話は今の若い世代はピンとこないけど、親が早死にするのは今も昔も変わらなく、何もできなかった自分に歯がゆさを感じるよね

後悔ランキングトップ2:自分の子供にもっと出来ることがあったのではないか

  • 今は介護してくれてる子供に対して、自分が元気な頃にもっといっぱい面倒を見てあげておくべきだった。
  • 子供が家を建てる時に、我が家はお金を使い込んでたから、生前贈与としてお金を上げることが出来なかったから今でも大変そうなのよね。贈与できるようにお金を貯めておくべきだったわ。
  • 孫をもっとかわがってあげればよかった。
  • 昔子供に勉強について叱りすぎたことで、勉強をしなくなってしまってそのせいで子供が苦労したからね。もっと接し方や出来たことがあったのではないか。とおもってね…

あくまでボクが介護士の時代の話なので、やはり自分が要介護者になったからこそ『不安に思う』部分から後悔していることがあったり、身体が元気じゃなくなったからこそ、わかること・感じることがある印象です。

自分の子供に対して、後ろめたさを感じたり、親の責任を果たせなかったと思うような人生の後悔は避けたいですね。

Free

そのほかにも、子供思いのただただ優しい親の言葉などもありましたよ。「本人が望むことは支えてきたつもりだけど、もっと色々出来たのではないのかしら」など

人生後悔ランキングトップ3:大切な人に気持ちを十分に伝えることが出来なかった

  • 好きだった人に「好き」と伝えることが出来なくて一緒になれかった。
  • 今の子は、好きだの愛しているだの言葉で伝えているけど、昔はそんなこと恥ずかしくてみんな言わなかったもんだよ。でも昔に戻れるなら夫(妻)にもっと気持ちを伝えたらよかった。天国に先立たれたら言いたくても言えないからね。
  • 親の紹介で結婚することになったけど、自分が本当に好きだった人に想いを伝えていたらどうなったんだろう、後悔というか未練があるのは事実よ
Fun

なんとも悲しくなるような言葉の数々だね…

今の時代は許嫁などの古い風習はほぼ淘汰されているため、僕たち世代にはピンとこないかもしれませんが、『大切な人に気持ちを伝える』ことをせずに、そのことに気づいたときには計り知れない人生の後悔がありそうですね。

人生後悔ランキングトップ4:若い頃にもっと旅行に行ったり好きなことをしておけばよかった

  • 現役を引退してから、日本全国巡る予定が身体を悪くしていけなくなったことが本当に悔しいよ
  • 夫とはじめての海外旅行を楽しみにしていたけど、先に天国にいってしまってね..こんなことならもっと若い頃にいくべきだった
  • 若い頃に色々我慢していたけど、あんまり気力がわかないから年老いて『時間とお金』を余しても良くないね

この人生後悔のランキングトップ4の内容は、個人的にすごく刺さります。

なぜなら、今妻と倹約を頑張って将来のために資産構築をしていて今は給料の40%近くを入金に回しているからですね。そのため旅行ややりたいこと(アクティビティ)を資産運用する前より我慢しています。

Fun

2人で決めたことだけど、将来のことだけではなく、今も大切にしていかないとね!

このあたりは、2人で今後方向転換していく可能性があるかもですね。資産運用の出口戦略を見直してみます。

人生後悔ランキングトップ5:他人のことや世間体を気にしすぎてしまった

  • 「周りが高級車に乗っているから〜」「周りが家を建てたから〜」という風に
  • 自分の感情を優先せずに他人に気を使いすぎた
  • 専業主婦ではなく、働いてみたかったけど世間体が気になって、自分の気持を抑え込んでしまった

今の現役世代からもよく聞く内容が多いですね。

やはり、自分の人生なので他人の人生に重ね合わせながら生きていと『後悔』する可能性が非常に高いということがわかります。

Fun

私も昔は、他人の目を気にするタイプだったけど、結局今振り返ると人生にとって良いと言えるものは何も残っていないからね。

番外編:お金のコト

まだまだ、ちゃぶ台返しが当たり前世代の高齢者の方々の一部から上がってきた言葉で合理的で大変興味深い言葉がこの『お金』に関する人生後悔の話でした。

  • もっとお金を大切にしておくべきだった
  • 横浜の土地が安いあいだに買っておくべきだった
    (昔は※東急が土地を格安で売ってた)
  • お金のことを汚いモノとして教育をうけたけど、無かったら本当に困るものだよ
  • 高齢になってお金に困ると思っていなかった

※東京から横浜方面にでている路線沿いの土地が今の数十分の一の値段で購入できた

上記のような回答が、意外にも多かったことにビックリしましたね。

ボクが表面上で知っている高齢者の方々は『お金のコト=取るに足らない話』という方ばかりかと思っていました。しかし、それは大きな誤解だったんですよね。

他にも合理的な話も多くあり、今の若い子にお金の大切さを教えてあげたいよ。とマネーリテラシーの重要性を説く方もいたのが印象的です。

ネッコ

お金はツールだよ!といかにも若者風ビュンビュン吹かしているハイカラ(死語)おじいさんもいて「ふぁ?!ツール?!」ってなったのは、内緒の話

と、上記の内容は実際に『人生を後悔』している高齢者の方からヒアリングした内容でまさに今を生きる人の生の声でした。

実際に読まれてみて、自身に活かせる部分があればと思います。

では、有名著書が挙げている『人生の後悔ランキングトップ5』をご紹介します。

【著書から学ぶ】人生の後悔ランキングトップ5

【著書から学ぶ】人生の後悔ランキングトップ5
【著書から学ぶ】人生の後悔ランキングトップ5

著者ブロニーウェア氏の『死ぬ瞬間の5つの後悔 』人生の後悔ランキングトップ5は以下の通りです。

  1. 他の人の期待に沿う人生ではなく、自分の思いに忠実に生きればよかった
  2. 仕事だけに人生を捧げ、他の大切なものを疎かにしてしまった
  3. 自分の気持ちをもっと正直に伝えればよかった
  4. 友人との連絡やつながりを絶やさなければよかった
  5. 自分自身をもっと幸せにしてあげたかった

前述のボクが介護士時代に生の声に挙げたモノと順位や内容は少々異なりますが、随分似通った内容がランキングとして挙げられていますね。

生の声と著書の人生後悔ランキングトップ5の比較

ボクが実際に介護現場でアンケートを取った内容著者ブロニーウェア氏の『死ぬ瞬間の5つの後悔 』人生の後悔ランキングトップ5を実際に比較してみます。


実際のアンケート
ブロニーウェア氏の著書
  1. もっと親孝行出来たと思う

  2. 自分の子供にもっと出来ることがあったのではないか
  3. 大切な人に気持ちを十分に伝えることが出来なかった
  4. 若い頃にもっと旅行に行ったり好きなことをしておけばよかった
  5. 他人のことや世間体を気にしすぎてしまった
  1. 他人を気にせず自分の思いに忠実に生きればよかった
  2. 仕事だけに人生を捧げ、他の大切なものを疎かにしてしまった
  3. 自分の気持ちをもっと正直に伝えればよかった
  4. 友人との連絡やつながりを絶やさなければよかった
  5. 自分自身をもっと幸せにしてあげたかった

比較してみると余計に感じますが、やはり似ていますね。

では、これまでの内容を踏まえていくと『後悔しない人生を送るコツ』も見えてきます。

人生の後悔トップ5から学ぶこと『後悔しない人生を送るコツ』は時間とお金

人生の後悔トップ5から学ぶこと『後悔しない人生を送るコツ』は時間とお金
『後悔しない人生を送るコツ』は時間とお金

温故知新という立派なことでもないですけど、古い教えから学ぶことによって、新しい学びがあるのかな〜と介護職員の時代は『高齢者の方』から学ぶ姿勢を大切にしていました。

前述ご紹介した人生の後悔トップ5の内容を見てみると意外にも『今も昔もこれからも後悔することは変わらないのでは』ということ。

だからこそ、先人が後悔していたことを自分なりに受け止め、自分自身がどういった人生にしたいか照らし合わせることにより、『後悔しない人生を送る=自分らしい人生を送る』ことが出来るのではと解釈しています。

ネッコ

『自分らしい人生が送れなかったからこそ、人生後悔することがあることになる』とも言えるよな。

人生の後悔トップ5の後の番外編でお金に関する内容がありましたよね。すべてはそこに集約されているのでは?と考えています。

よって、結論はボクの人生の中では『時間とお金』が人生におけるほとんどの不安や後悔をさせないための大切な道具であり、人生を後悔させないコツだと認識しています。

特に、人格形成に多大な影響を受ける小学生・中学生から受けるお金が悪という教育は本当に良くないんじゃないかと…

お金があれば…
  • お金で時間を買える
  • 心に余白を持つことが出来るため視野が広がる
  • 日々穏やかで寛容でいられる
  • 困ったときに『お金』に助けてもらえる
  • お金を持っていれば人を助けることが出来る
  • やりたいことをやるには絶対に必要になる
  • お金があったほうが選択肢が増える
  • お金の大切を学ぶことにより、人との関わりの大切さを学ぶことができる

上記は、ボク自身学生時代に教えてほしかった内容とも言えます。

Free

文科省頼むわ…ダンスを必修科目にする前に『道徳』の知識と同じくらい重要な『金融』の知識を必修にしようや

お金を稼ぐために関わらず、自分らしい人生を送るために『やらないといけないことをやらなかった』場合も人生後悔します。そのためにも解決する方法を先に知っておきましょう。

最後に:「本業だけでは人生を後悔しそう」という不安があるなら副業もあり

人生を後悔するトップ5はあまりにも、胸が痛くなるような内容ですよね。

そして、今当記事を読んだことにより『自分の人生』を見つめ直すことができるのではと思います。

例えば「やりたいことがない」「人生を楽しみたい」といったことを感じている人も人生を後悔しないためのきっかけになるかもしれません。

現在は働き方改革の黎明期で、副業解禁もされました。

行動が早い人はすでに動いて副業ビジネスで成功を掴んでいます。成功者がこぞって言う内容の一部に「不安で何も見えなかった将来に光が指してきたよ」という内容の言葉。

これから益々、本業×副業のダブルインカムで資産を形成して、人生後悔しないための行動を起こす人が増えます。

自信が取り組みたい分野が増加しすぎると※レッドオーシャンになってしまうので、思い立ったが吉日という言葉があるように先手を打っていきましょう。
※レッドオーシャン:競争が激化している状態のこと

当ブログでは、人生を後悔させないためにつながる『時間やお金』を自らの手で生み出すための情報発信をしていますので、よければこれからも見に来てくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる