人生つまらない・やりたいことがないと感じている人へ!人生楽しくする5つ方法を体験者が解説

人生つまらない・やりたいことがないと感じている人へ!人生楽しくする5つ方法を体験者が解説
調べ人

・やりたいことがないし人生つまらない

・楽しい日々を送り良い人生を歩みたい

・良い人生の定義とは?

・このクソつまらない人生から脱出したい

ー 当記事の概要 ー

  • つまらない・やりたいことがない解決方法を自身の体験談から紹介する
  • 良い日を送ることが出来るようになるため良い人生に繋がる

この記事を書いている人

Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • やりたいことがなく人生つまらないと感じることが多かった

当記事の『人生』つまらない・やりたいことがないと感じている社会人へ!僕が解決できた5つ方法』を読了し、行動・実践すればやりたいことが見つかったり、クソつまらないと思っている人生が全くつまらなくない人生にすることが出来ます。

なぜなら実際に僕自身も数年前まで『つまらない人生を歩んでいるな〜』と思っていたのですが、当記事の内容を行動・実践したことで、熱中できることが見つかり、毎日が充実している人生を歩むことが出来ているからです。

今までやりたいことが見つからなかったり、人生がクソつまらないと思っている方でも自分のやりたいことや人生の魅力に気づくことができ、熱中するものを見つける行動をとれるはずです。ぜひ最後までお付き合いください。

目次

今だからわかる:『僕が人生クソつまらない』と感じていた理由

僕の人生はクソつまらないと感じていた理由は、結論言うと『仕事』や『毎日を生きる』意味・目標を見出せていなかったからです。

だから、毎日に張り合いを感じることもなく、同じ日々をただ毎日過ごしているだけのような錯覚に陥り、『俺の人生ってクソつまらんやないか』と感じていました。

Free

でも上記の状態はすべて自分のせいなんだよね

なりたい自分を見失っていた?なりたい自分がなかった

当時の僕の状態は、なりたい自分を見失っていた。という言葉が当てはまりますが、そもそも見失うも何も、『なりたい自分がなかった』ことが大きな要因でした。

この状態になると『やりたいことがなく人生つまらない』と感じる日々を過ごすことになるのでは、と経験者として感じます。

当時は飲食業界で店舗勤務で、毎日仕事をしていました。

「人材教育とはなんぞや、良い商品・良い接客について、飲食店で純利益を30%近く出す方法はないか」と日々考えながら仕事をしていて、上手くいった時でも人生の充実を感じることはありませんでした。

充実した日々を送るきっかけは『なりたい自分を言語化』することだった

人生の目的とはなんなんだろう…と本気で自分の人生を考えたときにふと気づきます。

Free

そもそもなりたい自分ってなんだろう…言語化出来ない…

今おそらくこの記事を読んでくださっている方の中にも、当時の僕のように『なりたい自分を言語化出来ない』人がいるのでは?と思っています。

なりたい自分を言語化できない僕は『どのような将来・自分になりたいか』を軸に以下のことを考えました。

  • やりたいことを明確にする
  • 必要なスキルを把握する

上記2点の観点から、日々の仕事(本業)を行うようにすれば、何気ないいつもの仕事・業務からでも今まで気づかなかった自分の人生のために「これが役に立つ」を見つけ出すことが出来ます。

自分にとって『つまらない人生』の理由『良い人生』の定義を把握する

Freeの失敗談『つまらない人生』と感じていた理由

Free

今だからわかる経験者の僕にとって『つまらない人生』になっていた理由を簡単に伝えるね。

僕が『つまらない人生』と感じていた理由

  • ①:目標に対する期間がなかった
  • ②:困難に立ち向かうことがなかった
  • ③:自分の人生を自分だけのものだと考えていた

1つずつ簡単に説明します。

①:目標に対する期間がなかった

会社や上司に定められた『強制力のある期間や期限』ではなく、自分の目標に対する自分自身が定める期間がなかったことがつまらない人生と感じた1つの理由です。

高校生の時などは、とても人生楽しんでいました。思い返すと…

僕は、高校野球部所属で当時は大阪にいました。強豪校がひしめく大阪府ですが、3年生の夏チーム一丸となって「甲子園」を目指していた

これには『目標に対する期間』が明確ですよね。

目標:甲子園に出ること

期間:3年夏

チームみんなで野球が出来る喜びを噛み締めながら、1日を大切にしていました。

社会人になり、飲食業界で務めるようになってからは、まさに明確な”目標”がないので、当然”期間”もなく『自分のやりたいことや人生を見失っていた』状態でした。

今の最大目標は『10年後(期間)に妻と日々を楽しみながら金融資産5000万円(目標)』にすることです。

②:困難に立ち向かうことがなかった

前述の高校野球の話に戻りますが、大阪府の高校野球事情は『大阪桐蔭』『履正社』が事実上の甲子園決勝と言われているくらい有名です。

さらには古豪もひしめく中、大阪府の高校の中から、甲子園に出るなんて夢のまた夢でしたが、それでも毎日野球に熱中し『困難に立ち向かう』姿勢を貫き通しました。

結果的には大阪府大会ベスト16で『甲子園出場』という大きな夢は叶いませんでした。
しかし、敗者に関わらずそこには『充実感=良い人生』だったと言える瞬間や思い出が山程あります。

大学生を卒業し、社会人になり『やりたいこともなくクソつまらん人生』を歩んでいた当時の僕は、全く困難に立ち向かっておらず、惰性とも言える日々を過ごしてたのです。

③:自分の人生を自分だけのものだと考えていた

これは僕のやりたいことリスト100にもあるように18/100が家族のためにやりたいことです。
実は過去の僕はある影響でコスパ脳になっていました。
家族にお金使うなんてコスパが…とかです

コスパと騒がしい世の中ですが、僕はコスパだけですべてを語ることは今は全く好きではありません。

コスパの目指す先にある『ベネフィット』は正直言って定量化なんて出来ません。
というのも、『何が良くて何が悪いか』という判断は、「その人にとって、その瞬間における、その人の見識」に依存するからです。

なぜなら僕達人間は機械とは異なり血が通い心を持った『人間』だからです。

当時は上記のことをわかっておらず、何かにつけてコスパが悪いという言葉を連発していましたからね…

Free

一言いうていい?僕ってまじクソやな!

今だからわかりますが、自分だけでなく『妻・自分の親・妻の親・兄弟・甥姪』があってこその自分の人生と捉えることがこの『つまらない人生』を脱するために重要な1ピースでした。

Freeの考える『良い人生』の定義

『良い人生』の定義って正解はなく、人により様々だと思います。

例えば

  • 高齢になったときに後悔しない人生を送りたい
  • 他人から羨ましいと言われる人生にしたい
  • 毎日が充実感に満ち溢れた人生を送りたい
  • 夢をすべて叶える人生にしたい
Fun

上記は全部その人にとっては良い人生だろうからね!
『つまらない人生』の定義もこれと同じく人によって様々だよね!

僕の考える良い人生の定義が、あなたが感じる『つまらない人生』を脱却するヒントになるかもしれませんので、ここで僕の考える『良い人生』の定義を書き記します。

Free良い人生の定義

『目標を達成するために過程を楽しみながら、なりたい自分になる』ことが僕の良い人生

この言葉は恐れ多いですが、僕がガジェット約10年ほどお世話になっているApple創業者の1人『スティーブ・ジョブズ』の名言からきています。

『終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ』

スティーブ・ジョブズ

この言葉は『毎日を大切にする』『仕事を楽しむ』そのために『なりたい自分になる』だと個人的に解釈しています。

やりたいことが見つからないと『目標』を設定することが出来ないため、やりたいことが見つからないたった1つの理由と見つける方法からヒントを見つけてくださいね。

やりたいことが明確にあり、『毎日を大切にしたい』『仕事を楽しむ』『なりたい自分になる』という僕が考える『良い人生の定義』に賛同いただけるのであれば、これから紹介する最後の『つまらない人生を楽しい人生にする5つの方法』から

経験者が語る:つまらない人生を楽しい人生にする5つの方法

僕が実践した『つまらない人生から脱出して楽しくする方法はたった5つ』でした。

実際に僕はこれから紹介する5つの方法を実践したことで、やりたいことが見つからず面白くなかった人生を歩んでいた僕自身が、『僕の人生はつまらないものから日々充実した楽しい人生』にすることが出来ました。

5つの方法を実践後

  • 本業を未経験で異業界&異職種のIT/Web業界に転職成功
  • 副業開始2年で月収20万円を達成
  • 本業年収100万円UP・副業年収100万円UP200万円UPを実現

上記は、目標の『金融資産5000万円』のために、当時の僕にはすべて必要なことでした。

僕が行った『つまらない人生を楽しくする5つの方法』は以下の5つステップです。

STEP
人生でやりたいこと(目標)を明確にする!
STEP
重要なモノから実践する!
STEP
副業を開始して本業・転職に活かす
STEP
転職を成功させる!
STEP
本業と副業のダブルインカムにする!(トリプルインカムも可)

当記事のこれまでの内容まとめとして、上記の5ステップをわかりやすく解説します。

ステップ①:人生でやりたいことを明確にする

正直このステップ①無くして、今の僕はなかったです。

やりたいことを明確にして、日々熱中することができれば気づけば『つまらない人生が楽しい人生』向かっていきます。

人生でやりたいことを言語化出来るようにすると、『やるべきこと』が明確になります。
そして、やるべきことが明確になるとなりたい自分が見えてきます。

ここで重要なことは『人生でやりたいこと・やるべきこと』が抽象的すぎると、ほとんどの方は状況が何もかわらないこと。

出来る限り噛み砕いて、自分から自分へ腹落ちさせてください。

どうして抽象的だと状況が何もかわらないかと言うと過去の僕は「いい人生にしたいな〜」とか「後悔したくない人生を送りたい!」と思ったものの、何をすればいいか全くわからなかったから。

なので、例えば次に該当するような方

  • やりたいことが全くない
  • やりたいことがわからない
  • やりたいことが見つからない

自分はこれらに当てはまるかも…と感じる方はまずは自分のやりたいことを見つけてくださいね
僕の場合は『10年後に妻と日々を楽しみながら金融資産5000万円』にすることです。

ステップ②:重要なものから実践する

やりたいことリスト100を完成させたり、自身のやりたいことが把握できればやるべきことが見えてきます。
※やりたいことリスト100が困難なら、まずは10でも50でも大丈夫です

Fun

やりたいことリスト内に”やるべきこと“と”やりたいこと“が
ごっちゃになり、混在しても大丈夫!

Free

そもそも”やりたいこと“のために”やるべきこと“が
見えてくるもので、相関性があるからね!

やりたいことの中から重要なものを見つける方法として、『1番気分が高揚するやりたいこと』を把握しましょう。

しつこいですけど、僕は『10年後に妻と日々を楽しみながら金融資産5000万円』の達成を考えると胸の高鳴りが止まりません。

Free

勝因は『重要なこと=給料を上げることに特化した』こと

なので、『つまらない人生を楽しい人生にする』ためには、このステップ2のやりたいことの中でも“重要なものから実践”するべきです。

ステップ③:副業を開始して本業・転職に活かせるようにする

前項ステップ②の10年後5000万円を考えたときに、僕の場合は重要になってきたことが『給料UP』『世帯年収UP』というワードでした。

ただ、ここで1つ問題発生

Free

問題は僕が務めてきた業界やね…

僕のことをご存じの方は、もうおわかりだと思いますが、僕がこれまでに務めてきた『飲食業界や介護業界』はググるとなんともカオスな状態…

実態は『飲食・介護』は底辺職とかというパワーワード?もといデビルワードとでもいいましょうか。そんなワードが飛び交っている始末です。

でも、悲しいかな、飲食・介護の業界にあるほぼどの企業も言われてしょうがないような雇用形態や労働環境ですからね…

給料は能力ではなく自分が身を置く業界で決まる!

と言う言葉がありますが、これはまさにですよ。
大卒から約10年身をもって経験したので、ここでなんとなく憧れていたIT / Web業界へ行く方法を一気に調べまくります。

幸いWeb業界で独立した知人や誰もが知っている大手IT企業にいる知人からも話を聞くことができ、親身に相談乗ってくれました。

Free

話せど話せど落ち込むような内容ばかりやでぇ
現実は厳しかった…未経験じゃほぼあかんやん!

でもやると決めたからには絶対に諦めたくなかったので、副業として即ブログを開始!
半年近く無収益でしたけどね笑
今では月10万円以上稼いでくれています。

ブログを経験してよかったことは本業でIT / Web業界へ挑戦するため最低限必須のスキル・ナレッジを習得出来たこと

ブログ運営で向上したスキル・ナレッジ

  • ブログ(WordPress)の運営スキル・ナレッジ
  • SEOスキル・ナレッジ
  • ライティングスキル・ナレッジ

上記の知識がついたことにより、ステップ④につながるわけです。

ステップ④:転職を成功させる

副業で稼げるようになり、その業界に対して自身の適正判断や耐性を判断して、本業のジョブチェンジ(転職)を試みましょう。

僕はブログを運営し、収益を発生させていることを武器に見事本業でWeb関連の企業へジョブチェンジを果たしました。

さらに『副業にも拍車がかかり、その副業がまた本業を活かすことになる』という、過去の僕からは想像もできない、なんとも奇天烈な状態が続いています。

まぁなんていうかマリオで言うスターを切らすことなく取り続けて無敵状態ループが続くような感じが今です。
つ…つおい…

個人的に思うのは、状況を変えるために転職だ!と勢いで転職するのではなく、やりたいことを副業につなげて適正を判断したり、培ったスキル・ナレッジを武器に転職をすることを強くオススメします。

Fun

上記は間違いないね!私も経験者だから即転職より『副業→転職→本業ブースト』を圧倒的にオススメするよ!

Free

副業で失敗しても簡単にやり直しも効きやすいからね。
転職の場合は失敗するとかなりしんどいやろから。

転職で避けたいことに『転職先の企業との相性』がありますが、なにより自分自身が『やりたいこと・好きなこと・相性の良い業界』のミスマッチを避けたいですよね。

副業 → 転職の流れだと、副業内で転職後にやりたいことを想定して、作業が出来るため、『やりたいこと・好きなこと・相性の良い業界』のミスマッチを避けることが出来る確率がグンと上がります。

副業 → 転職を失敗したらどうすべきか

副業である程度転職後のミスマッチを防ぐことが出来るとはいえ、実際に転職すると「やっぱりなんか違う」となるケースもゼロではないでしょう。

もしミスマッチだとしても大丈夫です。

なぜなら、あなたには『資産化されている副業』(副業がブログだと過程して)でほぼ半自動的に働いてお金を運んでくれる人(副業ブログ)がいます。

慌てずに、落ち着いて次の転職先を探せば良いだけです。

この頃には『人生つまらない』と感じなくなっているので、転職先が合わないとしても問題なしです。

「自分には合わなかった。合わなかったことがわかってよかった!」とポジティブに捉えることが出来るようになっているでしょう。

ステップ⑤:本業と副業のダブルインカム!トリプルインカムも可

僕Freeが、ステップ④まで行ったことをもう一度おさらいすると

やりたいことを言語化・明確にして、やるべきことを重要な順に実践していき、副業を開始して本業をジョブチェンジ(転職)すると

やりたい副業×やりたかった本業良質なダブルインカムの完成です。

わかりやすい流れは以下の通り

  1. 本業で年収500万円以上は必須
  2. え?この業界無理やん…
  3. 飲食→介護と経験してヘロヘロ状態
  4. 転職よりハードル低い副業開始
  5. 副業で稼げるようになりWeb関連の知識がつく
  6. ポータルサイト&キュレーションを運営しているWeb企業に転職
  7. 年収大幅UP100万円以上
  8. 気づけば副業月収20万円到達
Free

僕の場合は、④の『転職よりハードルの低い副業開始』からすべてが大きく変わったよ!

悩んでいた当時は世帯年収1,000万円なかったですが、上記の①〜⑧の流れで2年後には世帯年収大幅増に成功して、今では1,000万円を超えることが出来ています。

副業で培った経験が本業を後押しする形となり、結果的に副業&本業ともに日々熱中するものができ『つまらない人生から楽しい人生』に変貌を遂げています。

さらに僕の妻は『将来独立をしたいから働いて経験値を貯めたい』願望が強いひとなので、現在は『夫本業×妻本業×副業』のトリプルインカム中です。

Fun

いつか在宅ワークだけで本業以上に稼げるようになって
『時間とお金』の自由を手にする予定♪

最後に:つまらない人生を変えることに20代,30代,40代年齢は関係ない

つまらない人生を楽しい人生にしよう!

最後にもう一度、僕が『つまらない人生から楽しくした5つの方法・手順』を確認しておきます。

つまらない人生を楽しい人生にする5つの方法

  1. 人生でやりたいこと”目標”を明確にする!
  2. 重要なモノから実践する!
  3. 副業を開始して本業・転職に活かす!
  4. 転職を成功させる!
  5. 本業と副業のダブルインカムにする!

この手の類の話をすると、「まだ20代だから大丈夫!」「もう30代、40代だから遅いよ〜」という耳タコ現象が起きます。

はっきりいいます!

『20代だろうが30、40代だろうが年齢・年代は関係ありません!』

今日が人生1番若い日です!
両学長がよく言うセリフ

そうと決まれば、まずは『なりたい自分を設定しやりたいこと』を洗い出して、重要なことから手を出し、必要スキルを身に着け、自分に還元して行きましょう!

ド底辺にいて『人生クソつまらん』と感じていた僕が今では『毎日熱中して楽しい日々』を過ごすまでになっているのですから、大丈夫です!己を信じて行動しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる