人生本当の幸せとは何か|幸せになった7つの方法【Google&慶応大からも学ぶ】

人生本当の幸せとは何か|幸せになった7つの方法【Google&慶応大から学ぶ】
調べ人

・人生本当の幸せってなに?

・幸せになるための方法を知りたい

・やりたいことが無い私でも幸福度を上げて人生を幸せにすることができるのか

・今は人生つまらない…幸せになりたい

ー 当記事の概要 ー

  • 人生本当の幸せになる7つの方法実体験をもとに知ることができる
  • 本当の幸せとは何か?どこで感じることができるか?を解説する

この記事を書いている人

Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業ブログ約2年で本業×副業×共働きで月収130万円越えを達成!

当記事の『人生本当の幸せとは何か|幸せになった7つの方法【Google&慶応大からも学ぶ】』を理解して実践すれば、人生幸せを掴むための第一歩を踏み出すことができます。

なぜなら、僕自身人生つまらない!やりたいことがない!と迷走して幸せと程遠い状態でしたが、当記事の内容を実践することにより、幸福度がバク上がりして毎日幸せを感じることが出来ているからです。

これから人生本当の幸せの方法を知りたい!見つけたい!方は、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

人生本当の幸せとは何か?幸せになった7つの方法【Google&慶応大からも学ぶ】

結論から言います。

そもそも人生本当の幸せとは、その人の価値観により左右されるので他人が決めれるものではありません。

幸せは、自身が立てる目標設定や目標期間、さらにはライフステージ(人生のフェーズ)でどんどん変化していきます。

自分自身日々生きていることと同様に、幸せも日々変化し生きているため、幸せの形は千差万別です。

ただ1つ言えることは、幸せは勝手に自分の方に歩んできてくれることはなく、自分で掴み取ったり、創造し構築していくものです。

つまり、人生本当の幸せを決めるのは自分の思考・行動次第ということ。

当記事では、あくまでボク個人が幸せになることが出来た7つの方法ですが、自分で言うのもなんですが、大半の方が該当するのでは?と思える内容になっています。

上記の『人生本当の幸せになる方法7つ』を順に解説していきます。

人生本当の幸せになる方法①:やりたいことを言語化(明文化)する

やりたいことを言語化(明文化)する
人生本当の幸せになる方法①:やりたいことを言語化(明文化)する

やりたいことを言語化するということは、いわば思考の言語化(明文化)をするということ。

ボクが人生で本当に幸せを感じることの1つは『やりたいことを行い実現すること』だと感じているからです。

とはいえ、じゃあ「やりたいことやってくださいね〜って」言われたところで、あまり考えていなかった人はどのように”やりたいこと”を実践するのかわからないですよね。

そこで、重要なことが『言語化(明文化)』して可視化出来る状態にすること

すなわち今自分自身が『やりたい』と思っていることをリスト化する必要があります。

そこで、この機会に便利なツールとして『やりたいことリスト100』を作ってみましょう。

Free

あくまでボクのことやけど、やりたいことリスト100を作ってから間違いなく、日々自分を見つめ直すことが増えて結果的に『幸せ』を掴めているよ!

いやいや!作るもなにもやりたいことがまだ全然見つけられないよ!という方は『やりたいことを見つける方法』から探してみてくださいね。

きっと人生幸せにするためのピースが見つかります。

人生本当の幸せになる方法②:やりたくないことを言語化(明文化)する

やりたくないことを言語化(明文化)する
人生本当の幸せになる方法②:やりたくないことを言語化(明文化)する

前項の“やりたいことを言語化(明文化)する”と内容が似通りますが、やりたいことリストはあくまで自身から積極的に行動していき『幸せ』を掴むためのツールです。

対して、やりたくないことリストは『幸せ』を守るためのツールです。

両者の関係性は、いわば『ほこと盾』です。

やりたいことリスト:ほこ

やりたくないことリスト:盾

これらどちらとも本質は同じで共に『人生楽しく本当に幸せになる』為のものに違いはありません。

2つのリストを持つことにより、より効果的に『人生を楽しく本当に幸せ』にすることが可能です。

やりたくないことリストがあるだけで、嫌なことが可視化されるため前もって準備しておくことが出来たり、突如やりたくないことが目の前に現れたとしても、スマートに避けることが可能になります。

Fun

完全に人生のあらゆる場面でリスクヘッジになるよ!

ぜひ、この機会にやりたいことリスト同様『やりたくないことリスト100』も併せて作ってくださいね。

スピリチュアルなことを言いますが、ボクはこの2つのリストで人生好転するきっかけを作ることができました。なので、あなたにもきっと2つのリストの先には『人生本当の幸せになる未来』が待っています。

関連記事 人生やりたくないことリスト100【3つのポイント】作り方と活かし方!

人生本当の幸せになる方法③:自分らしい人生を歩む

自分らしい人生を歩む
人生本当の幸せになる方法③:自分らしい人生を歩む

今、あなたは誰かの人生で消耗してして生きていませんか?

  • 誰かと比較する
  • 他者を基準にする
  • 他人の目をきにする
  • 相手の顔色を伺い、自分の望みは後回し

上記は、まさに他人軸で生きてしまっている典型例です。ボクの過去はまさにそうでした。

Free

幸福度を上げるために『人のためになること』をするってこととは、似て非なるものやで!

自分軸で生きていくことが出来ないため『自分の人生』を生きていることを感じることが困難になります。

それだけ『自分らしい人生を歩む』ということは当たり前のようで、とてもむずかしいことです。

自分の人生を歩み生きることは、何気ない日常からも幸せを感じさせてくれるため、他人軸の人生で生きている時には感じることが出来ない『充足感』でみたされますよ。

自分の人生で本当に幸せに方法は上記の通り、自分らしい人生を歩むことが日々の幸福度に繋がるのでこの考え方は非常に重要です。

人生本当の幸せになる方法④:人生後悔しない環境を作る

人生後悔しない環境を作る
人生本当の幸せになる方法④:人生後悔しない環境を作る

人生の後悔は、人生後半に押し寄せてきます。

ボクは過去に介護士として勤務をしていたのですが、当時のご利用者(高齢者)の方は口を揃えてこのように仰っていました。

「歳を重ねるごとに後悔していることが大きくなるよ!だから、悔いはあってもいいけど後悔する人生にはしてはいけないよ!」

と仰っていたことが、当時人生後悔することが多かったボクの心に刺さりました。

人生をで最も後悔することの1つとして「やりたいことをやらなかったこと」が挙げられますが、これは前述の『やりたいことリスト100』を実行することで解決することが出来ます。

ただし、あくまで『やりたいことをやることが出来る環境』があればの話

なので、人生後悔しない環境を作る=やりたいことをやれる環境を作ると言い換えることが出来ますので、下記のように考えて見てください。
※ボクが当時人生の本当の幸せを掴むために『やりたいことをやれる環境』を作って実践した内容です。

やりたいことをやれる環境を作る考え方

  • 自宅で稼ぐことが出来るようになりたい → 自宅で出来る仕事を副業から始めてみる
  • 海外旅行にいく → 計画をたててお金を貯める環境を作ったり、長期休暇・有給休暇の取れる仕事にする
  • 満員電車に乗りたくない → リモートワーク可能な職種へ転職
  • 仕事終わり後にやりたいことをする余力がほしい → 残業が少ない仕事にする
  • 歯や身体を健康に保つ → iPhoneで定期検診や筋トレの周期を決めてスケジュール管理
  • 消費するだけの不毛な人間関係の争いはしない → 過干渉にならないようにする(人は人、自分は自分と考える)

上記の通り、”〇〇をやりたい!だから何をどうすれば出来るのか?”と考え実践すれば『やりたいことをやれる環境』にすることが出来ます。

こうなるとあとは実直に進めていくだけで、人生本当の幸せになる方法を1つ手に入れることができます。

人生本当の幸せになる方法⑤:Googleから学んだ【人生の生産性】の追求

【重要】Googleの『生産性』の考え方をやりたいことや人生に活かそう
人生本当の幸せになる方法⑤:Googleから学んだ【人生の生産性】の追求

人生本当の幸せになるためには『やりたくないことリスト』が重要であると前述しました。やりたくないことリストを実践することにより、自身の人生において嫌なことや辛いことを排除したり避けたりすることが可能になります。

嫌なこと・やりたくないことを排除または避けることによって、なぜ“人生本当の幸せになる”ことが出来るかと言うと考え方は下記のとおりです。

“嫌なこと・辛いこと・やりたくないこと”は『人生の生産性』を下げます。

そこで、タイトル通りGoogleの人生の生産性の考え方が重要になってくるわけです。下図を参考にしてくださいね。こちらは、元Googleマーケティング部のとあるシニアマネージャーの(人生の)生産性の考え方です。

元Googleマーケティング部マネージャーに習う生産性とは
元Googleマーケティング部マネージャーの生産性の考え方

上記はあくまでも、生産性を体積で考えるユニークな発想を図解しているものです。

見ていただいたら分かる通り、まさに生産性=人生と言い換えることが出来る秀逸な思考ですよね。

Googleから学ぶ『人生の生産性』を追求していく構図から、人生本当の幸せになる1つの方法であることがわかります。

Free

ボクのように“嫌なこと・辛いこと・やりたくないこと”はマジで徹底的に排除しよう!人生の生産性を上げる=本当に幸せな人生を実現することができるよ!

人生本当の幸せになる方法⑥:慶応大論文から学んだ【自分にとっての幸せ】の追求

慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科の論文『人と心と形、幸せのメカニズム』から人生本当の幸せになる方法のため『自分にとっての”心”の幸せ』について学ぶことができます。

幸せの4つの因子

大変興味深い研究で、心の幸せのアンケート結果をもとに、コンピューターを用いて因子分析すると言う方法。

そこでは下記の4つの幸せの因子が見つかりました。

  1. 何かやってみたい因子(自己実現と成長)
  2. ありがとう因子(つながりと感謝)
  3. なんとかなる因子(前向きと楽観)
  4. ありのままに因子(人を気にせず自分らしく)

図で表すと下記のようなイメージです。

幸せの4つの因子
出典:人の心と形、幸せのメカニズム

上記の4つの幸せの因子をすべて持つ人が1番幸せで、因子が減少するごとに幸せ度も低くなると解釈されています。

当記事のこれまでの内容は”4つの因子に大きく関わっていることばかり”なので、ぜひ本当の幸せを掴むためにも実践していきましょう。

人生本当の幸せになる方法⑦:定期的に振り返り状況確認&ルーティン化する

定期的に振り返るために確認行動をルーティン化
人生本当の幸せになる方法⑦:定期的に振り返り状況確認&ルーティン化する

幸せになるための方法がわかり、いざ実践しても”三日坊主”になってしまっては全く意味がありません。

なので、きっちり自身追っていくマイルールを確立しましょう。簡単出来る方法はカレンダーorリマインダーで管理です。カレンダーならこんなスケジュールがベストです。

効果的な使い方-活かし方④:毎週単位もしくは毎月単位で進捗を追う

個人的には、ありふれた方法ですが『毎週もしくは毎月』の確認で十分だと考えています。

Free

毎日はきついからね…

また、これから本当に幸せな人生を掴みたい人はある動作や所作をルーティン化することは想像以上に自身に良い効果を発揮しますよ!

著名人のルーティンを参考にする

Free

ボクはAppleが好きなのでスティーブ・ジョブズ氏のルーティンを事例として挙げるね!

スティーブ・ジョブズ

毎朝必ず鏡を見て「今日が人生最後の日だとしよう。自分がきょうやろうとしていることは、果たして自分のしたいことだろうか?」と自問する。答えが「NO」の日が続けば、何かを変える必要があると悟り、計画を見直すようにしていた

引用:スティーブ・ジョブズ

その他興味のある方は、起業家14人が教えるルーティンなどを参考にしてくださいね。

一見、ルーティンと幸せって関係ないやん!って思うかもしれませんが、著名人の多くは「ルーティン」を取り入れています。

ルーティンを取り入れるメリットは諸説ありますが、個人的には『継続する力』を自然に身につくことが出来る!というシンプルでわかりやすいメリットを享受できること。だと考えています。

当記事の内容である、人生本当の幸せを掴むための方法はすべて『継続性が必要不可欠』になっているため、ルーティンを作ることは意外と近道になるのでは?と感じます。

Free

ボクは寝る前に必ず「明日も良い1日になりますように!」と鏡前で笑顔を10秒作ってから、寝ていますよ。

【事実】本当の幸せ=1人では叶えることが出来ないことが多い

これはボクの価値観によるところが大きかもしれませんが、幸せを感じることって一人では感じれないことが多いです。

もし一人で感じることができる幸せは瞬間的なものであったとしても、持続的に感じにくいのです。例えるなら、手に入れるまでアドレナリンが全開になる『所有欲・物欲』みたいなものですかね。

対して、自分だけではない『祖父母・両親・兄妹・妻・恋人・親戚・友人・仕事/趣味仲間』のような人たちと分かち合える幸せは瞬間的なものではなく、人生において持続的なもので長く幸せを感じることができます。

あくまでも価値観は人それぞれですが、多くの方は共感できるのではないでしょうか。

ピンと来ない方は「失って辛いことやモノや存在」を考えた時に『祖父母・両親・兄妹・妻・恋人・親戚・友人・仕事/趣味仲間』のような今ある当たり前のことがなくなるとつらすぎるはずです。

アドラー心理学でも対人関係の中でしか幸せになれないと言われている

ベストロングセラー『嫌われる勇気』の著者、心理学でおなじみのアドラーも下記の通り、同様のことを述べています。

幸せの条件は『共同感覚』=「人が人を支配しないヨコの関係」「協力関係」である

人間は、人が関わる対人関係の中でしか『本当の幸せ=幸福』を実感することができない

つまり人間は一人では人生本当の幸せを掴んだり、実感することが出来ないということ。

心許せる自分とは他の人間(『祖父母・両親・兄妹・妻・恋人・親戚・友人・仕事/趣味仲間』と過ごす日々の中にのみ本当の幸せがあるということを明示しています。

最後に:自分次第で人生本当の幸せは掴み取れる

ご覧いただきありがとうございました。

最後に今「幸せじゃない!」「人生つまらない!」「やりたいことがない!」という方に向けて、幸せは掴み取れる!実体験をご紹介して終わります。

ボクの場合、幸せになるために一番足を引っ張っていたのは「ブラック企業」で務めていることでした。

  • お金が稼げない
  • 家族にも自分にも時間を使うことができる余裕がない
    ※労働時間は12時間オーバーは当たり前
  • やりたいことをする時間もない
  • 活力がわかない
  • その前に何をすれば良いか頭が働かない

こんな状態でした。

まずはブラックな業界を脱するために転職しなあかん!と思ったのですが、飲食・介護しか経験がないボクは今転職したところで良い業界に入れる見込みが限りなく低かったのです。

いつか『時間や場所に縛られない仕事をしたい!』と考えていたので、副業でブログを開始しました。

そこから当記事の内容を人生の中に組み込み、副業ブログの収益化に成功させ、この実績をもとにWeb業界への転職を決めることができたため、稼ぐことと時間を確保できることができたことが人生を変えてくれました。

日々幸せ感じることが出来ています。だから、今つらい人も諦めないでくださいね!自分を信じて行動すれば道は開けます!

現在本業でサラリーマンをしている人で人生変えたい人は、ボクのように副業を開始すると色々変わるかも知れませんのでぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる