らくらく簡単|『BackWPup』バックアップデータの保存先をDropboxへ連携する設定方法

プラグイン『BackWPup』のBackWPup保存先をDropboxにする方法
調べ人

・WordPressブログのバックアップを安全にデータ保持したい

・『BackWPup』と『Dropbox』の連携方法を知りたい

・ラクに簡単にバックアップを取りたい

ー 当記事の概要 ー

  • 『BAckWPup』のバックアップデータを『Dropbox』と連携して保存する方法を紹介する
  • バックアップの心配がなくなるのでWordPressブログ(サイト)を安心して運営することが出来るようになる
Free

結婚を意識するようになってから、資産形成を本気で考え色々行動して、人生好転しているFreeです。
そんな僕はこんな感じです

  • 2018年副業開始:副業月収35万達成
  • 副業実績でブラック企業からITWeb業界に転職成功
  • 資産5,000万目指して爆進中
  • 副業約2年で本業×副業×共働きで月収120万円越えを達成!

当記事の『らくらく簡単|『BackWPup』バックアップデータの保存先をDropboxへ連携する設定方法』を読了し、行動・実践すれば、ブログやアフィリエイトサイトの大切な記事やデータを有事の際に『Dropboxを通してクラウド』で守ることが出来ます。

当記事ではWordPressブログやアフィリエイトの初心者でもわかりやすいように多くの画像と説明文をいれていますので、画像通り進めれば問題なく、プラグインの『BackWPup』バックアップデータと『Dropbox』の連携設定を終えることが出来ます。ぜひ最後までお付き合いください。

目次

『BackWPup』のバックアップデータの保存先をDropboxへ連携する設定方法

『BackWPup』のインストールや設定がまだの方は、先にこちらを参考にして設定をしてくださいね。

BackWPupのバックアップデータ保存先がDropboxがおすすめの理由

「『BackWPup』のバックアップデータの保存先をDropboxへ連携する設定方法」を説明する前になぜ、DropboxへBackWPupのバックアップデータを保存することをおすすめしているか理由を説明します。

レンタルサーバー側でWordPressの自動バックアップを取ってくれている場合があります。

例えば、ボクが使っている人気のGMOレンタルサーバー『CONOHA WING』では、web・メール・DBで3種の自動バックアップを取ってくれています。

Fun

レンタルサーバー側で自動的に『web・メール・DB』の
3種のバックアップデータを取ってるなら、わざわざ
プラグインのBackWPupを使う必要ないんじゃないの?

上記のように思う方が多いのではないでしょうか。

一見完璧に見えるレンタルサーバーの自動BackWPupですが、クラウドでデータ保存が出来ていないのです。

さらに、過去にレンタルサーバーの故障(エラー)で利用者のデータが飛ぶ事故なども起きているので、自分でも取っておく必要があります。

端的に言うと、保存先をDropboxにすることによって、以下のようなデータ保持のリスクヘッジをとることが出来ます。

『BackWPup』のバックアップデータの保存先をDropboxへ連携する設定方法

プラグインの『BackWPup』でWordPressブログやアフィリエイトのバックアップデータを取り、保存先をDropboxにしておくと、めちゃくちゃ安全にしかもラクにバックアップデータを保持することが出来ます。

プラグイン『WordPress』の使い方と設定方法の画像
WordPressのバックアップと言えば『BackWPup』

本題ですが、『BackWPup』でWordPressのバックアップデータの保存先をDropboxにする設定方法の手順は以下の通りです。

BackWPupの保存先を
Dropboxにする手順
  1. Dropboxにログインする or アカウント作成する(無料)
  2. WordPressで『BackWPup』インストールして保存先を”Dropbox”に設定する
  3. 『BackWPup』の設定で”Dropbox”と連携させる

上記3つの手順をWordPress(ブログ)初心者の方でも、わかるように解説していきますね。

1. Dropboxにログインする or アカウント作成する(無料)

Dropboxアカウントがあり、ログインしたら次項の2|WordPressで『BackWPup』インストールして保存先を”Dropbox”に設定するまで進んでください。

以下Dropboxアカウントが無い方のアカウント作成方法

はじめにDropboxで『アカウント作成』をクリック

Dropboxのアカウント作成②グーグルアカウントでログインもしくは情報登録する

上記のページであなたの情報3点登録します。

  • メールアドレス
  • パスワード
Fun

Googleアカウントがあれば、Googleで登録すると
ログインや管理がラクだよ!

※Googleアカウントがあるなら、今後の管理がラクなのでGoogleでログインをオススメします

Dropboxアカウントを無料で作成出来たら、手順1 は終了です。

ちなみに、Dropbox無料アカウントだとクラウドの容量は『2GB』まで利用可能です。

参考】2GB : 1280×960の高画質画像だと約2,400枚くらい

2. WordPressで『BackWPup』インストールして保存先を”Dropbox”に設定する

WordPressで『BackWPup』インストールがまだの方は2020最新|BackWPupプラグインわかりやすい設定方法と使い方!WordPressバックアップの手順の前半部分を参考にインストールをしてくださいね。

『BackWPup』インストールしている方はバックアップデータをDropboxに設定

WordPressダッシュボードのBackWPupからジョブ設定の『一般』タブ下方にあるDropboxにバックアップにチェックマークを入れてください。

3. 『BackWPup』の設定で”Dropbox”と連携させる

3|『BackWPup』の設定で"Dropbox"と連携させる

BackWPupジョブ設定の『宛先:Dropbox』タブ内の『Dropboxのアプリ認証コードを取得』をクリックするとDropboxの画面に飛ぶ

Dropboxのアプリへのアクセスのコードを取得する

BackWPupでDropboxにログイン

Dropboxで作ったアカウントにログインする
Googleアカウントでログインもしくはメールアドレスとパスワードでログイン

BackWPupにDropboxを許可する

ログイン後の画面で『InpsydeBackWPup』へのアクセスを許可するをクリック

Dropboxにペーストするコードをコピーする

英数字のコードが表示されるので、すべてコピーをします。

取得したコードをBackWPupへペーストする

Dropboxの英数字コードをコピーペーストして変更保存する

コピーした英数字コードをペーストしたあとに、変更を保存します。

認証済みの文字が出ると終了

認証済み!になれば、プラグイン『BackWPup』のバックアップデータの保存先をDropboxへ設定出来ました。

※認証済み!にならずエラーが出た場合は、もう一度英数字のコードを取得しにいき、ペーストをするといける場合が多いです。

Free

コピーする文字の場所がずれてたりするときがあるからね!

『保存先フォルダ』と『ファイルを削除』を設定

最後に『保存先フォルダ』と『ファイル削除』をするとBackWPupとDropboxのバックアップデータの連携設定は終了です。

保存先フォルダとファイル削除を設定してDropboxの連携は完了!

それぞれ以下の通りがオススメです。

保存先フォルダー
  • バックアップデータが”ファイル”の場合『ブログ(サイト)名_file _backup』
  • バックアップデータが”データベース”の場合『ブログ(サイト)名_database_backup』
ファイルを削除
  • バックアップデータが”ファイル”の場合『2~3』
  • バックアップデータが”データベース”の場合『7』

『ファイル削除』の設定ですが、もっと取れるのであれば取りたいところですがDropboxの無料アカウントでは『2GB』しか保存することができません。

レンタルサーバーで自動バックアップは14日〜が多いので、14日前後で設定したいところですがオススメできません。

なぜなら、2GBだと容量が足りなくなる恐れがあり、エラーなどでバックアップが取れていないケースは避けなければいけないので、上記の数字『ファイルは2か3』『データベースは7(一週間分)』としています。

Fun

少なく感じるけど大丈夫?

Free

WordPressブログ(サイト)が初期の頃だと問題ないよ!

バックアップは、そこまでファイルを保持する必要はありません。

実際にご自身が万が一ブログ(サイト)が何かしらのトラブルが起きで『バックアップ』から復元するときは、1つ前の保存データ=直近のデータからバックアップとることがほとんどですからね。

ただし、WordPressブログ(サイト)の記事数が増えてくるとデータが増加して、容量が足りずにバックアップが取れなくなります。

  • 『Dropbox』の容量が足りなくなった
  • 『Dropbox』の容量を常に余裕にして、バックアップデータの保持数に余裕を持ちたい!
  • そもそもプライベートで『Dropbox』に写真や動画を入れていて容量が足りない

という方は、DropboxをアップグレードもしくはBackWPupをアップグレードをすれば解決します。

まとめ:BackWPupとDropboxのバックアップデータ保存先の連携設定は簡単

BackWPupの保存先をDropboxにする設定方法をWordPressブログ(サイト)運営が初心者の方でも、わかるように画像を多めに解説しました。

もう一度手順をおさらいしておきます。

本題ですが、『BackWPup』でWordPressのバックアップデータの保存先をDropboxにする設定方法の手順は以下の通りです。

BackWPupの保存先を
Dropboxにする手順
  1. Dropboxにログインする or アカウント作成する(無料)
  2. WordPressで『BackWPup』インストールして保存先を”Dropbox”に設定する
  3. 『BackWPup』の設定で”Dropbox”と連携させる

これだけで、クラウドの『Dropbox』にバックアップデータを保持することが出来るため、リスクヘッジとなり、有事の際に対応できるようになります。

WordPressでブログ記事を書いたり、サイト運営をしたり、攻めることばかりに目を向けずに『BackWPup』を使ってバックアップデータを取って守りにも目を向けていきましょう。

お互い安全に楽しくWordPressライフを楽しんでいきましょうね!

関連記事【2020年最新】プラグインBackWPupのわかりやすい初期設定方法と使い方

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる